キャットフード選び方マニュアル

人間と同様に、猫にとっても「食事」は健康を守る非常に重要な要素。
バランスのとれた質の良い食事は、健康的なカラダをつくる基本です。

病気や体調不良を防ぎ、毎日を若々しく元気に過ごすための原動力となります。

しかし、場合によっては、猫の健康状態に悪影響を与えてしまう可能性もあるので注意したいところ。

合成添加物が使用されている…
鮮度や品質のレベルが低い原材料が使用されている…
猫のカラダにあわない原材料が使用されている…

これらの条件に当てはまるような質の悪い食事・フードを与えていると、それが病気や体調不良の原因となってしまいます。

そこで、当サイトでは、良質なキャットフードの選び方を徹底解説!
低品質なフードの見極め方・高品質なフードの条件をガイドします。

良質なフードの条件

長生きと健康維持を目指すなら、以下のポイントをクリアしているフードを選びましょう!
猫のカラダに負担をかける条件を排除していることがポイントです。

危険性の高い合成添加物は不使用

長寿を目指すなら、猫のカラダに負担をかける可能性がある合成添加物を使用している製品は避けるべきでしょう。

例えば、BHT・BHA・エトキシキンなどは避けるべき合成添加物です。
これらの合成添加物は、人間用の食品としては使用が禁止されています。

「少量であれば問題ない」として発がん性のある化学合成された酸化防止剤を使用するメーカーは少なくありませんが、安心を求めるなら避けたいところ。

安心して選ぶことができるのは、天然由来の酸化防止剤を使用しているキャットフード。
天然由来のビタミンE(ミックストコフェロール)やハーブ抽出物などは、猫のカラダへの負担が極めて低いため、安全性が高い添加物と評価することができます。

穀類の使用量が少ない(or不使用)

キャットフードの原材料として使用される頻度の多い「穀類」。
具体的には、トウモロコシや小麦などが挙げられます。

本来、猫は完全な肉食動物ですから、穀類を自ら摂ることはありません。
自然界では獲物の胃の中にある消化途中の穀物を摂るため全く不要という訳ではありませんが、栄養バランスとしては、ごく少量で十分です。

そのため、穀類の種類を厳選し使用量が極めて少ないキャットフードや、穀類を一切使用していないキャットフードがオススメ!
使用されている穀類の種類としては、猫の消化器官に負担をかけるリスクの低い「玄米」が良いでしょう。

しかし、安全性に十分に配慮されていないフードや比較的安価なフードの場合は、製造コスト削減のために必要以上に穀類が使用されているケースが多くあります。
また、このようなケースでは、猫の消化器官と相性の悪いトウモロコシや小麦などが使用されていることが多いため注意が必要です。

・トウモロコシや小麦を使用しているフード
・穀類の使用量に配慮されていないフード
などは避けるべきでしょう。

原材料の品質に配慮されている

原材料として使用されている食材の品質にしっかりとこだわっている製品を選びましょう。
「人間が食べても問題のないレベル」「人間の食品と同等の品質」「ヒューマングレード原材料使用」と明記されている製品がおすすめです。

キャットフードによっては、鮮度や品質に全く配慮されていない製品も多く存在します。

また、肉副産物(バイプロダクト)が使用されているかどうかも確認しておきましょう。
肉副産物にもいろいろありますが、基本的に、猫の健康を考えて作られた高品質なフードには使用されていません。

健康・長生きを目指すなら注意しておきたいところです。

キャットフード選びの基本

上記したポイントに配慮しながらフードを探すのが、キャットフード選びの基本です。
さらに、くちこみ情報を参考にしたり、コストパフォーマンスをチェックしながら、猫・飼い主にとって相性の良いフードを見つけましょう。

しかし、初めて無添加・穀類不使用・ヒューマングレードなどの条件でフードを探す場合、どれを買えば良いか分からない…と悩んでしまう方もいらっしゃるはず。

このサイトでは、そんな方のために、フード選びに役立つコラムをご用意しています。
ぜひ、参考にしてキャットフードを選んでみてください。

ランキングで選ぶ

喜んで食べてくれる高品質なフードが欲しい
愛猫にはどれが合っているのか悩んでしまう

そんなケースでは、ぜひ、ランキングを活用してみてください。

ランキングでは、アレルギーのリスクや消化器官への負担なども考慮して、安心して与えることができるフードだけを掲載しています。

なおかつ、コストパフォーマンスやくちこみでの評価もチェックして厳選しました。
高品質で安全性の高いキャットフードを選びたい飼い主さんは必見!

フードの選び方(体調・症状別)

アレルギー・尿結石などの病気や嘔吐・フケ・便秘などの慢性的な体調不良で悩んでいる猫ちゃんは少なくありません。

そして、そんなお悩みの原因が「フード」にあるケースも決して少なくありません。
この場合、フードを切り替えるだけで、症状が改善されることがあります。

そこで、当サイトでは症状・体調トラブル別にオススメのフードをピックアップして紹介するコラムをご用意しました。
症状・トラブルに合わせてキャットフードを探せば、相性の良い製品を効率よく見つけ出すことができます!

もちろん、ピックアップしている製品は、合成添加物不使用や穀類の使用量に配慮しているフードです。
ぜひ、参考にしてみてください。

フードの選び方(こだわり別)

穀類不使用・低アレルギー・原材料の質etc...
などの条件別にオススメのキャットフードをガイドするコラムもご用意しました。

より品質に優れた製品を選びたい!
絶対に外せない条件がある!

そんな方は、ぜひ、このページから製品を選んでみてください。

ペット保険の選び方

長生き猫を目指すなら、動物病院と上手に付き合うことは大切なポイント。
いくらフードに配慮していても、病気や体調不良を100%防ぐことができる訳ではありません。

そんなときに役立つのが、ペット保険です。
万が一のケガにもしっかりと対応することができます。

とはいえ、コスト(保険料)や煩雑な契約手続きが大変そう…という点でペット保険への加入を避けている飼い主さんもいらっしゃるでしょう。
そこで当サイトでは、気軽に加入できるうえに補償内容が充実しているペット保険の特集をご用意しました。

万一に備えてペット保険も検討しておきたい…
ペット保険に加入するのは初めて…

そんなケースで役立つコラムです。

飲み水の選び方

猫がもっとも罹患しやすい病気の一つである「下部尿路疾患(FLUTD)」。
結石など「尿」に関連する病気の総称です。

そんな下部尿路疾患を予防するためには、水分摂取量を十分に確保してあげることが大切。
また、猫の身体に負担をかけない水質の飲み水を準備してあげることもポイントとなります。

そこで当サイトでは、「猫に最適な飲み水」を徹底リサーチ。
理想的な水質・飲みやすさを併せ持った水を探し出しました!

下部尿路疾患(FLUTD)を予防したい…
尿結石などの病気に一度罹患している…

そんなケースに当てはまる場合、ぜひ、こちらのコラムをチェックしてみてください。

原材料について知る

キャットフードを選ぶときに絶対にチェックしておきたいのが原材料です。
猫のカラダに負担をかけない原材料が使用されている製品を選んで長寿を目指しましょう!

肉類

肉類は、猫の健康維持には欠かすことのできない原材料です。
ただし、アレルゲンとなる可能性の高い肉も少なくないため、注意が必要です。

また、アレルゲンとなる可能性が低い肉でも、鮮度が低い場合や飼育環境が劣悪な場合(過剰な抗生物質の投与など)は、猫のカラダに負担をかけてしまいます。

そこで、キャットフードを選ぶ際には…

肉の種類(アレルゲンとなるリスクが低い種類を選ぶ)
素材の品質(飼育環境・鮮度など)
この2つのポイントから製品をチェックしましょう。

チキン

キャットフードの原材料となる肉類の中でも、もっともポピュラーな素材として挙げられるのがチキンです。

チキンには良質なタンパク質が豊富に含有されているため、主原材料に適した肉であると判断することができます。
さらに、猫にとって必要不可欠な栄養素であるタウリンも十分に含有されています。
猫がしっかりと食いつく味わいの良さもチキンの長所の一つです。

とはいえ、一口にチキンといっても品質は様々です。
長生きを目指すのであれば、より高品質なチキンを使用している製品を選びましょう。
・飼料にこだわっている
・平飼いなどストレスに配慮している

などの条件を備えた飼育環境下で育てられているチキンは栄養価も豊富です。

ちなみに、カナガンキャットフードは上記した条件を備えたチキンをメインの原材料としています。 ただし、チキンがアレルゲンとなる可能性があることも頭に入れておきましょう。
チキンは猫にカラダに負担をかけない食材として評価されていますが、稀にアレルゲンとなることもあるようです。

そんな場合には、他の肉類を主原材料として使用しているフードに切り替えると良いでしょう。
アレルギー性が低い肉としては、アヒル肉などが注目されています。

七面鳥(ターキー)

七面鳥(ターキー)は、タンパク質が非常に豊富。
なおかつ、脂肪分の含有量が極めて少ないのも特徴です。

アレルゲンとなる可能性が極めて低いのもポイント。
猫好みの味わいで、食いつきが良いケースが多いのも長所の一つに数えられます。

しかし、「食べ慣れない味」ということで最初はターキーの風味を避けるケースもあります。
七面鳥を主原材料として使用しているフードの場合、「まずは試してみる・徐々に慣らしていく」というステップが必要かも知れません。

アヒル(ダック)

アヒル肉(ダック)はアレルゲンとなるリスクが非常に低いのが特徴です。
鶏肉以上にアレルギー性が低いと評価されています。

栄養価としては、不飽和脂肪酸が豊富である点が魅力。
さらに、ビタミンDもたっぷりと含まれています。

アヒル肉を主原材料として使用しているキャットフードとしては、FINEPET'Sが挙げられます。
この製品には、フランス産の高品質なアヒル肉が使用されているのが特徴です。

ラム

ラム肉は栄養バランスに優れているのが長所。
アレルギー性も低いと考えられています。

ビタミンB群を豊富に含み、ミネラルもしっかりと含有されています。

さらに、コレステロール値が低く、タンパク質が豊富であるため、猫にとって理想的な食材の一つと評価することができます。

鹿(ベニソン)

鹿肉(ベニソン)は、タンパク質が豊富で脂肪分は控えめという特徴を持っています。
カロリーも低く、非常にヘルシーです。

高タンパクであるため、少量でもしっかりと栄養を摂ることが可能。
そのため、食欲が落ちてきたシニア猫にとっては最適な素材の一つと言えるでしょう。

また、ダイエットにも適した食材です。

馬肉は低カロリーなのでダイエットに最適。
不飽和脂肪酸が豊富に含有されているのもポイントです。

ミネラルとしては、鉄分やカルシウムなどがバランス良く含有されています。
旨味がしっかり凝縮されているので、嗜好性が高く、グルメな猫にもおすすめです。

牛(ビーフ)

人間にとっては最も馴染み深い肉である牛肉(ビーフ)ですが、猫の食材としてはあまり適していません。
その最大の理由として挙げられるのが、アレルゲンとなるリスクの高さです。

食べ続けることによってアレルギーを引き起こす可能性が高くなるため、ビーフを主原材料として使用している製品をメインのフードとするのは避けた方が良いでしょう。

豚(ポーク)

豚肉(ポーク)も牛肉と同様にアレルギーを引き起こす可能性の高い食材です。
そのため、ポークを主原材料として使用しているフードは避けたほうが良いでしょう。

もちろん、豚肉がアレルギー源となるかどうかには個体差がありますが、基本的にはオヤツ程度にとどめておくのが無難です。

魚類

魚類を主原材料として使用しているキャットフードは嗜好性が高く、肉類よりも魚類が好きな猫は少なくありません。
しっかりと食いついてくれるケースが多いため、食が細い猫や偏食気味の猫にオススメです。

ただし、青魚や魚油に豊富に含有されている不飽和脂肪酸には注意が必要です。
不飽和脂肪酸は健康維持に優れた効果を発揮してくれる栄養素ですが、過剰に摂取すると黄色脂肪症(イエローファット)を引き起こすことがあります。

これは腹部や胸部の周りの皮下脂肪が酸化することによって炎症が引き起こされる病気です。
もちろん、「青魚を与える=黄色脂肪症を引き起こす」という訳ではありません。
与えすぎは禁物ということで、予備知識として覚えておいて下さい。

また、肉類と同様に魚類にもアレルギーのリスクを考えておく必要があります。
猫の魚アレルギーの場合、どんな魚がアレルゲンとなるか…には個体差があることを覚えておきましょう。

・魚全般でアレルギー症状が出る
・サバなどの青魚のみアレルギー症状が出る
など、様々なケースが想定されます。

上記したとおり、魚にもリスクと捉えるべきポイントがいくつか存在します。
そのため、魚類を主原材料として使用しているフードを選ぶ際には、十分な情報と知識が必要。

「どんな魚が使用されているのか」をしっかりとチェックして、その特徴を知っておくことが大切です。
特に、安価で流通しているキャットフードでは、裏面の原材料表記に「魚」とだけしか記載されていないケースがあります。
どんな種類の魚が使用されているか分からないフードは選ぶべきではありません。

魚が配合されているフードを選ぶ際には、これらのポイントを確認するように心がけましょう。

サーモン

キャットフードの原材料として、もっともポピュラーな魚類の一つです。
香りが良く、旨味をしっかりと感じることができるのもポイント。
しっかりと食いついてくれるケースが多い嗜好性に優れた食材です。

また、高品質なフードの場合は適切な量で管理されているため、黄色脂肪症(イエローファット)を心配する必要は殆どありません。
そのため、サーモンを主原材料として使用しているフードを常食とするのはオススメです。

ニシン

ニシンはキャットフードの原材料となる魚の中でも、もっともアレルギー性の低い種類の一つ。
そのため、安心して与えることができます。

ビタミンB6やビタミンDなどが豊富に含まれているのが特徴です。

ニシンを原材料として使用しているキャットフードとしては、(FINEPET’S)が挙げられます。
主原材料としては、ニシンとアヒル肉を使用。
アレルギー性の低い肉・魚をバランス良く組み合わせているため、安心感は抜群です。

タラ

タラは白身魚の一種です。
猫が消化・吸収しやすい食材と評価されています。

栄養価としては、低脂肪・高タンパクで栄養価に優れているのが特徴です。

さらに、オメガ3脂肪酸を摂ることができるのもポイント。
オメガ3脂肪酸には、炎症を抑える効果が期待されています。

マグロ

マグロには、タンパク質が豊富に含有されています。
また、DHAやEPAなどの不飽和脂肪酸も含まれているのがポイント。

ミネラル類としては、鉄分やカルシウムが豊富です。
栄養価としては、十分キャットフードの原材料に適した食材であると考えることができそうです。

ただし、問題点もあるため注意が必要です。
マグロと一口にいっても、使用される部位・生産地・加工方法・配合パーセンテージなどは製品によって様々です。

マグロを使用した製品を購入する場合は、それらのポイントについてもしっかりとチェックしておきたいところ!

カツオ

カツオはビタミンB12を豊富に含む魚です。
さらに、ビタミンDもたっぷりと含有されています。

特に注目したいのは、嗜好性の高さ。
カツオの風味が好きな猫は多く、しっかりと食いついてくれるケースが多いのが特徴です。
偏食気味の猫や食が細い猫にとって最適な食材の一つと考えることができます。

カツオを使用しているオススメフードとしては、ねこはぐが挙げられます。
このフードでは、鰹節の状態でカツオを配合。

もちろん、ヒューマングレードの素材が使用されています。
100%九州産というのもポイントです。

野菜

猫は完全な肉食動物なので、主食とするべきは肉類(タンパク質)です。
しかし、野菜などの植物性原材料が一切不要という訳ではありません。

少量の野菜(植物)は猫にとって必要不可欠な食材と言えるでしょう。
猫にとって有用性の高い野菜としては以下が挙げられます。

サツマイモ

サツマイモは、コストがかかるためキャットフードに使用されることはほとんどないのですが、実は猫にとって理想的な炭水化物源の一つと評価されている野菜。
食物繊維も豊富に含まれているので、便秘などのトラブル解消におすすめ!

また、消化が良いことに加えて、時間をかけて吸収されるという性質を持っているのもポイントです。
ゆっくりと消化されていくため、猫のカラダに負担がかかりません。

また、エネルギー消費に時間がかかるという性質もあります。
長時間空腹を感じないのでダイエットにも適しています。

サツマイモを原材料として使用しているキャットフードとしては、カナガンキャットフードが挙げられます。

このフードは穀類不使用にこだわっているのが見どころ。
穀類を配合しない代わりに、炭水化物源として配合されているのがサツマイモです。

穀類と比較すると高価であるという理由から、プレミアムキャットフードでもなかなか採用されないサツマイモですが、カナガンキャットフードでは適切に使用しています。

海藻

海藻は、栄養価の高い植物性原材料として評価されています。
ミネラルバランスに優れていて、健康維持にしっかりと役立つのが特徴。

猫の健康コンディション保つヨウ素が豊富であるという点も注目したいポイントです。

海藻を原材料として使用しているキャットフードとしては、ねこはぐが挙げられます。
この製品では、天然国産素材の海藻類(わかめ)が使用されています。
もちろん、使用されているのはヒューマングレードの素材です。

ニンジン

ニンジンは、ビタミン類をバランス良く含有しているのが特徴。
さらに、食物繊維もたっぷり含まれています。

猫のカラダとの相性も良く、プレミアムフードでは使用されるケースが多い野菜です。
ニンジンを使用している製品としては、ねこはぐカナガンなどが挙げられます。

チコリ

チコリは、キク科の多年生野菜。
猫のカラダに負担をかけるリスクは極めて低いため、安心して与えることができます。

血液を浄化する効果や肝臓を健康に保つ働きが期待されています。

ハーブ類

プレミアムフードでは、ハーブ類を使用している製品が珍しくありません。
天然のハーブ類には、様々な効果が期待されています。
種類によっては猫にとって毒になってしまうものもありますが、猫のカラダと相性の良いハーブも数多く存在します。

カモミール

カモミールには、優れたリラックス作用が期待されています。
ストレス緩和効果で猫のQOL(クオリティオブライフ)向上に役立ちます。

ちなみに、ストレスを感じている猫は、以下のような行動をとることがあります。

・意味もなく鳴くことが多い
・去勢後でもスプレーをする
・粗相をする
・毛づくろい(グルーミング)の時間が長い
・服や布を噛む

これらのサインがある場合には、カモミールを配合しているキャットフードに切り替えてみると良いかも知れません。

ちなみに、カモミールを配合しているキャットフードの代表例としては、カナガンが挙げられます。

クランベリー

クランベリーには、ビタミンCが豊富に含有されています。
ビタミンCは優れた抗酸化作用を持つ栄養素。

その働きによって、猫の健康維持を総合的にサポートすることができます。

また、酸化を防ぐ働きは、化学合成された防腐剤を使用していないキャットフードの劣化防止にも役立ちます。
プレミアムフードでは、クランベリーをはじめとするハーブを酸化防止の目的で配合していることもあります。

天然由来なので安全性は非常に優秀です。

穀類

肉食動物の猫にとって穀類は、本来そのまま食べることのない素材です。
当然、猫の身体の仕組みは人間と異なります。
唾液中に消化酵素のアミラーゼを持たないことや、消化管が短いことなどから猫は炭水化物の処理が苦手

猫は主にタンパク質からエネルギーを得るため、ベストなタンパク質・炭水化物などの割合も人間とは異なります。
炭水化物が多い穀類を与えることは、消化器官に負担をかけ、アレルギー・皮膚のトラブルなどの不調の原因に繋がってしまうのです。

完全肉食の猫とは言え炭水化物源として少量の穀類を摂取してるという側面もありますので、炭水化物は絶対に摂取してはいけないという事ではありません。
ただし、自然界の猫は穀類をそのまま食べてしまうのではなく、獲物が食べた胃の内容物(消化途中の穀類)を摂取しています。
消化途中のものを食べる為、猫の消化器官にも負担がかかりにくくなるのです。

良質なフードの場合は、猫の身体にとって負担となりにくく、栄養面でのメリットの多い穀類を選び、動物栄養学に基づいたレシピによって適切な量だけ配合されています。
(穀類を使用せずにサツマイモ等の「高価でも猫の身体の負担となりにくい野菜」が炭水化物源として使用されるグレインフリーのフードも良質なフードとして人気です。)
それに対して質の低いフードの場合は、コスト削減・かさ増しのために、猫の身体にとって負担となる低コストな穀類が大量に使用されているのです。

穀類使用の有無・使用穀類の種類は、良質なフードかどうかを見分ける一つの目安となります。
キャットフードに使用されやすい穀類と、それぞれの安全性について以下にまとめました。

とうもろこし

とうもろこしは、価格帯に関係なく低品質なフードによく使用されている原料です。
とうもろこしにはセルロースという炭水化物を包んでいる細胞壁があるのですが、猫はこのセルロースを分解することができません。
分解できないということは、消化吸収ができないということ。
分解されないセルロースは食物繊維として消化管に残ってしまいます。

「食物繊維なら便通に良さそう」と感じる方もいるかもしれませんが、セルロースは不溶性食物繊維ですから、便秘や下痢、腹痛・嘔吐を引き起こす原因にもなります。

そもそも炭水化物をエネルギー源としない猫にとって、消化器官に負担をかけてしまうデメリットの多い素材です。
製造コスト削減のために使用されることが殆どですから、原材料表記にとうもろこしの記載があるフードには十分に注意すべきでしょう。

小麦・大麦

小麦にはグルテンが含まれており、アレルギー源となりやすい素材です。
アレルギー源になりやすく、栄養面を見ても猫にとってのメリットは少ないため、小麦を使用したフードは避けたほうが良いでしょう。

それに対して、大麦にはグルテンが含まれていません。
また、大麦は猫が自ら食べる猫草の一種。
猫草として販売されている物の多くは大麦の若葉です。

大麦の場合は胃腸の調子を整えたりビタミンが摂取できるというメリットがあるため、良質なフードでも適切な量を使用している場合があります。

米に関しては、精米されたものは猫にとって役立つ栄養があまりなく、メリットが非常に少ないので避けた方が良いでしょう。

一方、玄米(全粒米)は猫にとってメリットのある栄養分を含むため、負担をかけない程度の少量を使用している高品質なフードもあります。

加工された素材

低品質なフードに使用されることの多い加工された素材の危険性について以下にまとめました。
劣悪な原料ですので、以下のようなものが使用されているフードには十分に注意したほうが良いでしょう。

肉副産物

肉副産物というのは、畜産廃棄物のこと。
骨、くちばし、目、脳、血液、頭、内臓など、肉以外の食肉として流通しない部分です。
羽や糞に関しても、「処理の過程で入る場合少量なら混入しても良い」とされています。
どのような動物の副産物なのかという事もわかりませんし、4Dミートが使用されている可能性もあります。

肉副産物以外に、ミートミール・肉粉・ミート副産物といった呼称がありますが、同じものを指します。(ただし、ミート副産物・肉副産物には毛・角・歯・ひづめは含まれない)
いずれにしても非常に劣悪な素材ですので、肉副産物が使用されているフードは避けましょう。

ビートパルプ

ビートパルプは、サトウダイコン(甜菜、ビート)から砂糖を取り出した後の残りカスです。
ビートから砂糖を抽出する方法として、低コストで行えることから多く採用されている「硫酸系の薬剤を使用した抽出方法」があります。

抽出時に使用した薬剤は、残りカスであるビートパルプに残留しています。

この硫酸系の薬剤の影響で、便秘や下痢などのトラブルを起こしやすくなってしまうのです。
ビートパルプは便の量と硬さに影響を与え、必要以上に硬くなり増えてしまった便が便秘の原因となります。

また、ビートパルプによって便を不自然に固くしていたために腸が本来の便を硬くする働きをしなくなり、ビートパルプが使用されていない高品質なフードに急激に切り替えることで下痢や嘔吐を引き起こすこともありますので、高品質なフードに切り替える際は徐々に高品質なフードの割合を増やしていくようにしましょう。

デメリットが大きいため、ビートパルプを使用したフードは避けるようにしましょう。

合成添加物について知る

猫の健康維持・長生きを考えるなら、合成添加物を使用したキャットフードは避けるべきと言えるでしょう。

添加物として使用されることが多いのは、保存料・調味料・着色料などですが、これらはいずれも自然のもので代用することができます。
また、調味料や着色料に関しては、そもそも不要であるケースが殆どです。

合成着色料

安価なキャットフードでは、製品の見た目を良くし売れやすくするために合成着色料を使用することがあります。
しかし、猫は人間のように様々な色を識別することができません。
そのため、合成着色料は猫にとって全くの無意味なのです。

また、合成着色料には、以下のような危険性が疑われています。
・発がん性の疑い
・染色体異常やアレルギーの原因物質となる疑い

もちろん、すべての合成着色料においてこれらの危険性が科学的に証明されている訳ではありません。
とはいえ、合成着色料は猫にとって間違いなく「必要のない添加物」です。

合成着色料を使用しているキャットフードは避けるべきと言えるでしょう。

合成調味料

代表的な合成調味料としては、グルタミン酸ナトリウムやグリチルリチン酸アンモニウム、ビートパルプなどが挙げられます。
いずれもキャットフードに使用される可能性のある合成調味料です。
(いずれも食いつきを良くするための添加物として使用されます。)

合成添加物の危険性の有無に関する議論は長年にわたって続いていますが、様々な理由から未だに結論は出ていないようです。

とはいえ、十分に安全であると確信することができない添加物を使用しているキャットフードをわざわざ選ぶ必要はありません。

そもそも、良質な素材を使用することで旨味を十分に凝縮することができている高品質なフードであれば、合成調味料は不要です。

長生きを目指すなら、合成調味料不使用のフードを選ぶべきでしょう。

酸化防止剤

キャットフードには、化学合成された酸化防止剤が使用されるケースが少なくありません。
中には、人間用の食品に使用することが禁じられている、発がん性のある危険性の高い酸化防止剤も存在します。

愛猫の健康寿命を延ばすことを第一に考えるのであれば、酸化防止剤が使用されていないキャットフードを選ぶように心がけましょう。

危険性の高い酸化防止剤

以下の酸化防止剤は危険性が高いと判断されています。

亜硝酸ナトリウム

亜硝酸ナトリウムは、防腐剤や発色剤として使用される化学添加物です。
過剰摂取すると頭痛や吐き気、意識障害などを引き起こすことがあります。

ペットフード安全法では、亜硝酸ナトリウムの上限量は100μg/gと指定されているため、その基準を超えるキャットフードが市場に出回ることはありません。

とはいえ、キャットフードは猫が毎日食べることになるものです。
基準値以内なら安全であるとされていても、毎日亜硝酸ナトリウム与えることになるのは不安…と感じる飼い主は少なくないでしょう。

必要以上に油脂が配合されているフードでなければ、酸化防止剤は、天然由来の素材で代用することができます。
(一般的にはクランベリーやローズマリーなどのハーブ類で代用されます。)

安全性を第一に考えるのであれば、亜硝酸ナトリウムが使用されているフードは避けるべきです。

エトキシキン

エトキシキンは、人間用の食品添加物としての使用が認められていません。
非常に強い毒性があるためです。

染色体異常を誘発する可能性があるほか、各臓器への悪影響やアレルギーのリスクなども疑われています。

しかし、キャットフードに添加することは認可されており、コストも安いため、酸化防止剤としてエトキシキンを使用しているキャットフードは未だに存在します。

長生きを目指すのであれば、毒性が認められているエトキシキンを配合しているキャットフードを選ぶのはNG!
合成添加物不使用のフードを選ぶべきでしょう。

BHA・BHT

BHAとBHTは、いずれも溶油性の酸化防止剤です。
いずれも摂取上限が設定されている合成添加物で、発がんの危険性も疑われています。

その為、これらの酸化防止剤を使用しているキャットフードの安全性は低いと言わざるを得ません。

安全性の高い酸化防止剤

化学保存料と比較すると、極めて安全性が高いと考えることができるのが「天然由来の酸化防止剤」です。
化学合成された添加物と比べると効果の持続時間が短く、保存できる期間は限られます。

しかし、未開封の状態であれば2~3ヶ月程度の保存は可能であるため、本当の意味でのプレミアムフードでは天然由来の酸化防止剤を使用するのが一般的です。

ちなみに、当サイトのランキングに掲載している製品は、いずれも合成添加物を使用していないフードです。
もちろん、酸化防止剤には天然由来のものだけが使用されています。

ミックストコフェロール

ミックストコフェロールとは、ビタミンEのこと。
植物性油脂から抽出されるもので、安全性は比較的優秀と評価することができます。

ローズマリー抽出物

ローズマリー抽出物は、ハーブから抽出された自然由来成分です。
優れた抗酸化作用によって、フードを酸化から守ります。

エトキシキン・BHA・BHTなどと比べると、安全性には雲泥の差があると言えるでしょう。

おすすめコラム一覧Related column