キャットフードのすべて

ダイエット中の猫に最適なキャットフードとは?

室内飼いの猫が増えてきたため、「猫のダイエット」にも関心が集まっています。行動範囲がせまいと運動不足になりがちで、どうしても肥満になりやすいですね。また、一般に去勢手術、避妊手術をしたあとは太りやすくなると言われています。肥満は消化器系の疾患や糖尿病などにつながるため、適度なダイエットで健康的な体型を維持したいものです。ダイエット中の猫には、どんなキャットフードを与えると良いでしょうか?

高たんぱく質、低炭水化物のフードを選ぶ

市販のドライフードには炭水化物が過剰に含まれていることがあります。原材料のトップを炭水化物が飾っている場合もあります。炭水化物を過剰摂取すると皮下脂肪や内臓脂肪となり、体重はそんなに増えていなくても「かくれ肥満」になりやすいです。「原材料のトップは肉、あるいは魚」が望ましいでしょう。肉よりも魚の方が脂質が低く、ダイエット向きです。たんぱく質をメインにしたキャットフードで、できるだけ「グレインフリー」(穀物不使用)のものを選びたいですね。

無添加、低カロリーを意識し、手作りキャットフードを与える

素材の点で高品質のキャットフードであっても、脂質が多くカロリーが高めということがあります。また、グレインフリーや無添加キャットフードは高価です。価格、満足感、栄養、カロリーの点でベストな食事を与えたいなら、ダイエット用の「手作りキャットフード」を組み合わせてみましょう。オススメは、ヘルシーでありながら良質なたんぱく質を摂れる「鳥のムネ肉、ささみ」を使ったキャットフードです。そこに人参などの野菜、オリーブオイルなどの良質な油を組み合わせて手軽に手作りキャットフードを作ることができます。

適度な栄養素を含んだ、ヘルシーなおやつを選ぶ

ダイエット中の猫にはおやつも悩みどころです。おやつの食べ過ぎで太ってしまう猫もいるので、何を与えるかは重要ですね。決して、調味料で味付けされた人間の食べ物は与えないようにしましょう。

ヘルシーおやつの例

  • 海苔
    適度なミネラル、豊富なビタミンが含まれていながらほとんどカロリーゼロの「海苔」は、ヘルシーなおやつとして最適かもしれません。猫ちゃんによって好みもありますが、海苔の食物繊維は便秘の解消にも役立ちます。与えすぎると下痢になる恐れがあるので、気をつけてください。
  • 煮干し
    ヘルシーでありながら食べ応えのある「煮干し」も良いでしょう。人間用の煮干しは塩分がきついので、「猫用かペット用の煮干し」を与えてください。かたくちいわしや真あじなど、色々な種類の煮干しがあります。適度なカルシウムが猫の歯や骨を丈夫にしてくれます。

キャットフードは少しずつ、小まめに与えた方が良い

一度に食べる量が多いと胃が膨れて、ますます多く食べるようになることがあります。また、一度に多量に食べる猫は腸に溜まる便が大きくなり、便秘になる可能性が高まります。特にダイエット中は、1日分のキャットフードを3回か4回ほどに分け、小まめに与える方が良いでしょう。

最後に

ダイエット中の猫には、低カロリー、低炭水化物のキャットフードを意識しましょう。それと同時に、オモチャで遊ばせたり、室内でも運動しやすい環境を整えたりして、運動量を増やすようにしたいですね。猫は上下運動する動物なので、背の高いキャットタワーを設置したり、高い場所に猫の通り道を作ってあげると良いかもしれません。