各種こだわり条件からフードを選ぶ

一口にプレミアムキャットフードと言っても、実は、様々な種類が存在します。

・穀類を一切使用していないキャットフード(グレインフリー)
・合成添加物を一切使用していないキャットフード
・人間が食べられる品質の原材料だけを使用しているキャットフード(ヒューマングレード)

などが代表例です。
これらの条件を全てクリアしている製品もあれば、一部クリアしている製品もあります。
また、全くクリアしていなくてもプレミアムフードと謳っている製品もあります。

特に、完全なグレインフリーにこだわるかどうか…については個体差もあるため、一概に何がもっとも優れているかを決めることはできません。

しかし、条件からキャットフードを探すことで、より効率良く猫・飼い主にとって理想的なフードを見つけることができます。

そこで、このページでは、条件別にオススメのフードをナビゲート!
それぞれのこだわり条件の特徴についても解説します。

穀類不使用(グレインフリー)

猫は本来、穀類を自ら食べることはありません。
狩りで捕まえた獲物をまるごと食べる際に、胃や腸に含まれる穀類を摂るケースはありますが、その量は極めて少量で消化途中のため消化器官に負担がかかりません。

しかし、猫は主にタンパク質を栄養源とする完全な肉食動物であるため、その少量の穀類でも栄養としては必要十分。
もちろん、これは狩りで獲物を捕まえる野生の猫だけでなく、家飼い猫についても共通のことがいえます。

しかし、市販されているキャットフードの多くには、穀類が不必要に多く使用されています。
これについて、食物繊維や炭水化物などの栄養素を確保するため…と説明するメーカーもありますが、それらの栄養素は猫の身体に負担をかけない他の食材(野菜など)からも補給することができます。

それにも関わらず、穀類の配合割合が高いフードが多いのはなぜでしょうか?

残念ながら、その背景には、メーカー側のコスト削減の意図があるケースが多いのが事実。
穀類は低コストでありながらかさを稼ぐことができるため、都合の良い原材料として使用されることが多いのです。

とはいえ、上記したとおり、もともと猫は穀類を殆ど食べることのない動物。
そのため、消化器官も穀類と相性が悪く、消化や吸収をスムーズに行うことができません。

うまく消化吸収することができない食材を継続して多量に摂ると、嘔吐・下痢・アレルギーなど、健康のバランスを乱す原因となってしまいます。

具体的には、猫が穀類を継続して多量に摂ると以下のようなトラブルが生じやすいと考えられています。

・アレルゲンとなる(フケ・皮膚のかゆみの原因となる)
・肥満の原因となる
・胃腸の調子が乱れる
・腸内環境が悪化して便秘や下痢を引き起こす
・下部尿路疾患の原因となる etc.

免疫力をつかさどる腸内環境の悪化による免疫力低下も心配です。

そこで、注目を集めているのが「グレインフリー(穀類不使用)」のキャットフード。
穀類を一切使用していないため、上記したようなリスクを避けることができます。

グレインフリーの炭水化物源

人間とは違い、猫に必要な炭水化物量はごくわずか。
猫にとっては、タンパク質や脂質のほうが重要な栄養素です。

しかし、炭水化物を一切摂らなくても良い…という訳ではありません。

そこで、グレインフリーのキャットフードでは、炭水化物源として野菜を配合しています。
具体的には、猫の消化器官に負担をかけにくいジャガイモやサツマイモが選ばれるケースが多いです。

ただし、穀類と比べるとコストが割高であるため、購入価格もやや高めになるのがデメリット。
とはいえ、その点を踏まえてもグレインフリーのフードは非常に有用性の高いアイテムといえます。

ちなみに、穀類の中でも特に猫のカラダと相性が悪いのがトウモロコシや小麦
それに対して、比較的猫にも消化しやすいのが大麦や玄米です。

長生きを目指すなら、トウモロコシや小麦を使用しているものは避けたほうが良いでしょう。
穀類を使用しているフードでも、大麦や玄米が使用されているケースは比較的安心感があります。

具体的なグレインフリーのフードとしては、カナガンキャットフードが人気です。
穀類を一切排除しているため、穀類アレルギーの猫でも安心。

ちなみに、炭水化物源としては、サツマイモが使用されています。
動物性原材料と植物性原材料の割合は70%:30%にこだわっていて、タンパク質と炭水化物の比率を適正に管理しているのが特徴です。

原材料の質・鮮度(ヒューマングレード)

原材料の品質にとことんこだわったキャットフードを選びたい…
そんな場合は、ヒューマングレードという考え方を覚えておくと良いでしょう。

ヒューマングレードとは「人間でも食べられる品質の原材料」を使用しているフードのこと。
市販されている一般的なフードの中には、以下のような原材料を使用しているケースがあります。

・人間用として流通させることが難しい品質の原材料
・鮮度が極めて低い原材料
・肉副産物 etc.

これらのリスクを排除しているのがヒューマングレードに分類されるキャットフードです。

例えば、人間用の鶏肉でも、品質レベルはメーカーやブランドによって様々。
抗生物質などを大量に投与している海外産の激安鶏肉もあれば、高級なブランド地鶏も存在します。

それと同様に、キャットフードに使用される肉の質も製品によって大きく異なるのです。
少なくともヒューマングレードでは、「人間でも食べられる品質の材料」を使用していることを確認することができます。
しかし、それ以外のフードでは、例えばプレミアムを謳っているフードであっても品質の詳細を確認するのが難しいケースが殆ど。

ヒューマングレードと銘打っていない場合でも、「産地」「飼育方法」「鮮度」などが明記されていれば良いのですが、その点について触れているキャットフードはごく僅かです。

だからこそ、十分に安全であることが確認できるヒューマングレードのキャットフードは、長生きを目指す猫・飼い主から評価されています。

オススメはこれ!

ヒューマングレードの品質を確保しているキャットフードの中でも、オススメとして挙げられるのがカナガンです。

この製品の主原材料はチキンですが、使用されているのは「人間でも食べられる品質」のもの。
(もちろん、チキン以外の素材もすべてヒューマングレードです。)

メーカーが所在するイギリス産の非常に高品質な新鮮な鶏肉(生)を使用しています。
飼育方法を「平飼い」にこだわっているのもポイントです。

また、FINEPET'Sもおすすめのヒューマングレードフードのひとつ。
肉類の副産物(バイプロダクツ)を使用していないのはもちろんのこと、放射性物質汚染原材料や重金属類や残留農薬が混入した原材料は使用されていません。
品質管理に問題があるという観点から、中国産原材料は一切使用していないのも特徴です。

おすすめコラム一覧Related column