野菜入りキャットフードのメリット・デメリット

1.猫と野菜の関係

猫は肉食動物なので、野菜を食べる習慣がありません。
ですが、猫が狩りをして野生の動物や昆虫などを食べていた時は、餌となる動物や昆虫が食物繊維やビタミン、ミネラルなどの十分な栄養を持っていたため、猫はあえて野菜を食べる必要はありませんでした。
そのため、現代の室内で飼われている猫は、野生の餌を口にする機会がないため、食物繊維やビタミン、ミネラルを食事で補う必要があります。
ただし、人のように野菜や肉をバランス良く食べる必要はなく、少量の野菜で必要な栄養は賄えます。
猫の健康状態によっては、食事に野菜を取り入れることで健康維持にも役立つため、メリットとデメリットを比較して、キャットフード選びの参考にしてみましょう。

2.野菜入りキャットフードのメリット

食物繊維の補給
野菜を食べるメリットには、食物繊維を補給できることです。
食物繊維は、腸のぜん動運動を促進させてスムーズな排便を促します。
便秘気味の猫には、食物繊維を適度に与えることで便秘解消にもつながるので、試してみても良いでしょう。
毛球ケアにも 猫はグルーミングにより毛をよく飲みこみますが、毛球の排泄にも食物繊維はかかせません。
スーパーなどで販売されている猫草などもありますが、もし食べないようであれば、キャットフードで食物繊維を補給させてあげましょう。

ダイエット効果
野菜入りのキャットフードには、低カロリーでダイエットにも良いフードがあります。
野菜に含まれる食物繊維により満腹感も得られるため、肥満の猫に与えることで、ダイエット効果も期待できます。

手軽に栄養補給
猫の腸はとても短いため、じっくり時間をかけて消化分解をする人間とは体の構造が異なります。
そのため、生の野菜や大きめの野菜を食べてしまうと消化不良を起こしてしまい、下痢やおう吐の原因になります。
野菜が少量配合されているキャットフードを与えることで、消化に負担をかけることなく、適量のキャットフードを与えることができるので便利です。

3.野菜入りキャットフードのデメリット

野菜の栄養は壊れてしまう
野菜入りのキャットフードでは、野菜まるごとの栄養を摂ることができません。
その理由は、製造過程において加熱処理が加えられることで、多くのビタミンやミネラルなどの栄養が破壊されてしまうことにあります。
食物繊維は補えますが、配合された野菜に含まれる栄養についてはあまり期待しない方がよいかもしれません。
添加物の危険
野菜の色を表現するために、合成着色料などの添加物が使われているキャットフードもあります。
添加物はアレルギーの原因になることもあります。
しかも消化器官に負担をかけるので、成分表記で確認するようにしましょう。

おすすめコラム一覧Related column