目やにを予防するキャットフードについて

1.目やにの原因

猫に多い病気のひとつに目やにがあります。
内臓や皮膚の病気と違い、目やにの症状は軽く見られがちで、病院に連れていかない飼い主の方も多いようです。
目やにの原因は、大きく分けて以下のとおりです。
放置したままでは、症状の悪化や取り返しのつかない事態にもなりかねないので、まずは目やにを濡れタオルなどで優しくふき取り、目の周りを清潔に保ちましょう。
目やにが慢性化している場合は、すぐに病院に連れていくようにしましょう。

1-1.目の病気の可能性

猫の目の病気に、結膜炎や流涙症が考えられます。
結膜炎の場合は膿がたまり、充血や、目の周りが腫れることもあります。
流涙症は、涙が常に流れているため、放置すると目の周りに変色が見られます。
いずれにしても感染症のため、早い段階で病院に連れていきましょう。

1-2.ゴミや異物のせい?

猫は狭いところを好みます。
ほこりやゴミ、目の中に何らかの異物が入り、目やにが出ていることもあります。
逆まつげが原因の場合は、短く切ってあげることで改善しますが、自身で行うと危険ですので獣医師に相談しましょう。
充血や目の周りに異変が現れたら、病院で診察を受けましょう。

1-3.アレルギーが原因?

食物アレルギーをはじめ、花粉やハウスダストなど、猫も人間と同じようにアレルギーにかかります。
アレルギーの原因となるアレルゲンの特定を急ぎ、排除することが効果的な治療になります。

2.目やにを改善するためのキャットフードとは

食事療法が効果を表す目やには、食物アレルギーが原因の場合です。
この場合はキャットフードを変えることで改善することが多いので、以下の点にこだわってキャットフードを選んでみましょう。
食事でアレルギー反応を起こさないようにすることが大切です。
・低アレルギーの肉や魚がメインのキャットフード
市販の低アレルギー用のキャットフードは、良質な高タンパクの肉を使用している場合が多いです。
食物アレルギーは、これまで食べてきた食品に対して現れる免疫反応なので、七面鳥やラム肉、アヒル肉やサーモンなど、これまでに食べたことのない原材料のキャットフードに変えることで、症状が治まることが期待できます。
・グレインフリー(穀物不使用)もしくは穀物を控えたキャットフード
穀類は、猫がアレルギーを起こしやすい栄養素といわれ、特にトウモロコシや小麦を大量に摂取することで、アレルギーを発症する可能性が高いとされています。
目やにの他に、皮膚の発疹や食欲不振、消化不良などの反応がある場合は、穀類のアレルギーが原因である可能性が高いです。
グレインフリーのキャットフードに変えることで改善が期待できます。
・無添加のキャットフード
添加物によって、アレルギー反応を引きおこす猫もいます。
基準値を守った添加物であっても、猫にとっては有害な成分ということもあります。
酸化防止剤や着色料、香料などが目的の添加物は注意が必要です。
添加物フリーのキャットフードか、天然由来の添加物を使用したキャットフードに変えてみるとよいでしょう。

おすすめコラム一覧Related column