肥満猫のためのキャットフードとは

1.肥満による健康リスク

まるまると太った猫をみると、可愛らしくて幸せな気分になります。
ですが、肥満が猫にもたらす病気のリスクを侮ってはいけません。
肥満が原因でかかる病気には、糖尿病や便秘、下痢、脂肪肝、尿道疾患、心臓病など、進行度合いによっては命の危険を招きかねない病気を引き起こしてしまう可能性があります。
他にも、関節炎などの運動機能障害や、柔軟性が失われることで体の毛繕いができなくなり、皮膚病になってしまう可能性もあります。
最近の動物病院には、動物の体脂肪が測れるところもあります。
飼っている猫が肥満気味だと思ったら、なるべく早めに対策をとることをおすすめします。

2.肥満猫によいキャットフード

肥満気味の猫には、どのようなキャットフードを与えると良いのでしょうか。
肥満になる原因は、運動不足やカロリーオーバーなどが考えられます。
ですが、ダイエットのためだからとキャットフードの量を減らしてしまっては、猫にストレスを与えてしまうかもしれません。
キャットフードの質を高めることで、効率よくダイエットにつながることも可能なので、以下のポイントを参考にしてみましょう。

・穀類があまり使われていない動物性の原材料が多いものを選ぶ
猫は肉食です。
穀類を多く食べても、効率よく消化することができず、パッケージに記載されている栄養素もうまく吸収することができないことがあります。
原材料に肉や魚などが多く使われているものを選ぶと、必要な栄養を効率よく摂取することができ、猫に満足感も与えることができます。

・高タンパクで高脂質のものを選ぶ
肉食の猫にとって、高タンパクで高脂質の方が消化と吸収の効率がよく、すぐに満腹感を得ることができます。
このことから、ダラダラと過食することを予防し、ダイエットにも効果が期待できます。
タンパク質と脂質の割合は、3(タンパク質):2(脂質)が理想的だといわれています。

3.キャットフードの与え方にも工夫を

猫が太ってしまう原因は、キャットフードの与え方に問題がある場合がほとんどです。
猫が欲しがるたびに与えてしまったり、カロリーや栄養素を気にせずに目分量で与えていたり、おやつや間食を無計画に与えていたりしていませんか。
猫が食べたいだけ食べさせてしまうとカロリーオーバーになって当然です。
まずは、食事の回数を1日3~4回に分けましょう。
回数を増やすことで空腹になる時間を減らし、1回にドカ食いしてしまうことを予防します。
家を留守にすることが多い人は、タイマー付きの自動給餌器なども利用してみましょう。
健康で長生きしてもらうために、規則正しくバランスよく、食事を与えることが大切です。

おすすめコラム一覧Related column