皮膚病の猫のためのキャットフード

1.猫の皮膚病は多い

猫は自分で毛繕いができるので、毛並みを美しく保って清潔な印象がありますが、皮膚病にかかる猫は案外多く、その原因にも病気や感染症、アレルギーなどの様々なことが考えられます。
皮膚病の症状は、猫の様子を毎日見ていると気づきやすいので、早めの対処が必要です。

2.皮膚病の症状

猫が皮膚病にかかると、次のような症状が確認できます。
毛並みが悪くなり、脱毛が見られることもあります。
被毛で確認しづらいですが、皮膚に赤い発疹ができます。
痒みによる不快感から常に体中を引っ掻き、腫れや炎症を伴ったり、自分の爪で皮膚を傷つけたりすることもあり、フケやかさぶた、被毛のべたつきを感じることもあります。
普段とは違う症状が現れたら、早めに動物病院へ連れていきましょう。

3.皮膚病になる原因と治療

素人が猫の見た目で皮膚病の原因を特定することは困難です。
病院では、皮膚や被毛の状態と炎症や脱毛が見られる部位などを見て判断します。
外に自由に出かけることができる猫は、他の猫や動物に接触することで、細菌やカビ、ノミやダニなどの外部寄生虫が体につき、皮膚病の原因になることもあります。
治療方法は、原因となる菌や寄生虫を駆除する薬を使用します。

屋内外問わず、花粉やハウスダスト、食物や日光などのアレルギーが原因になることもあります。
抗アレルギー剤を使用し、アレルゲンを特定し、駆除することが必要です。
食物アレルギーについては、食事療法が必要です。
また、ストレスや、去勢・不妊手術によってホルモンバランスが乱れると皮膚にトラブルがでることもあるため、環境が変わった時や手術後はいつも以上に注意して観察しましょう。

4.皮膚病の猫のキャットフード

猫の皮膚病に食事が影響するのは、食物アレルギーが原因の場合です。
食物アレルギーは、キャットフードに含まれるタンパク質に体内の免疫システムが反応して皮膚に炎症を起こすため、原因を予想しながら試していく方法になります。
例えば、穀類が多く含まれるキャットフードを与えていた場合、グレインフリーのキャットフードに変更し、しばらく様子を見ます。
アレルギーが治らなければ、穀類が原因ではないということです。
キャットフードの切り替えと、皮膚の炎症が治まるまでには時間がかかるため、アレルゲンの特定と治療には時間をかけて向き合う必要があります。
免疫システムが反応しないように、タンパク質を最小単位まで加水分解したキャットフードも有効といわれています。

5.早めに気づいて対策をとることが大切

異変にいち早く気づいてあげるためには、毎日のコミュニケーションが1番の方法です。
ブラッシングやスキンシップの時に、皮膚や被毛の状態を確認しましょう。
皮膚が赤くなっていたり、被毛に艶がなくなったりすると、健康状態に何か異変が起こっています。
猫に限らず、痒みが続く状態は大きなストレスや負担になるので、早めの対策をとってあげましょう。

おすすめコラム一覧Related column