泌尿器症候群の猫のためのキャットフード

1.猫がかかりやすい泌尿器症候群とは

泌尿器症候群とは、膀胱炎や尿道炎、尿道結石症や尿道栓などの病気をきっかけに、尿が出にくかったり血液が混ざったり、尿の回数が多くなるなど、泌尿器に関する症状を総称した病名のことです。
末期症状になると、排尿が全くできなくなることで痙攣や昏睡状態に陥り、命にかかわることもあります。
体の構造から、尿道の長い雄猫に発症が多くみられます。
猫は言葉で症状を伝えることができないため、排泄や食事量、健康状態を常に観察することが、健康を保つ第一歩になります。

2.泌尿器症候群になる原因について

2-1.尿の濃度と成分

猫はあまり水分をとる動物ではありません。
猫の尿は通常「弱酸性」ですが、お水を飲む量や排泄の回数が少ないと、尿の濃度が高くなり、「アルカリ性」に変化することがあります。
ほかにも、ウイルス感染の影響や食後にもアルカリ性になることがあり、尿がアルカリ性になることで尿に含まれるミネラルが固まり、結石ができやすくなります。

2-2.食事が影響する結石

猫に多い結石には2種類あり、ひとつはマグネシウム・アンモニア・リン酸塩が結晶化したストルバイトと呼ばれるものです。
マグネシウムやリンなどのミネラルを多くとるような食事や、水分不足の影響によりできやすくなります。
もうひとつは、シュウ酸カルシウムによる結石です。
マグネシウムとカルシウムの摂取不足やビタミンCの摂りすぎにより尿のPH値が酸性に傾きます。
このことから尿に含まれるシュウ酸カルシウムの濃度が高まり、結石ができやすくなります。
食事ではミネラルバランスの良いものを与え、水分を多く摂るように注意することで結石が作られにくくなり、泌尿器症候群の発症を防ぐことにもつながります。

3.泌尿器症候群の猫に合ったキャットフードとは

泌尿器症候群の主な原因となる結石を防ぐには、マグネシウムやリンの含有量を抑え、ミネラルバランスの整ったキャットフードを与えることが大切です。
ペットフードの成分には、AAFCO(米国飼料検査官協会)の基準が採用されています。
これによると、マグネシウムの最低摂取量は成猫の場合0.04%です。
基準値を大きく上回ると、結石ができやすくなるため、注意が必要です。
キャットフードを与えるときに、新鮮なお水も飲ませてあげることが大切ですが、ミネラルウォーターを与えてしまうと、フードで抑えたマグネシウムを過剰に与えてしまいかねません。
過剰なミネラル摂取を防ぐには、日本の安全な水道水で大丈夫です。
泌尿器症候群にかかってしまった猫の場合、尿のpHがアルカリ性に傾いていると判明した場合に弱酸性に戻してあげることが必要です。
pHコントロール用のキャットフードが販売されており、結石予防用のフードと、治療のための療法食の2タイプがあります。
自己判断は避け、必ず獣医師のアドバイスを受けるようにしましょう。

おすすめコラム一覧Related column