猫の好みに合わせたキャットフードの選び方

1.猫の好みを考えよう

猫が美味しいと思う原材料や味、匂いや食感は、猫の経験や個体差によって異なります。
猫は基本的に食べ慣れない食物は口にしない習性がありますが、食べ慣れたキャットフードであっても飽きて口にしないということもしばしば起こります。
病気の場合を除いて食欲がなくなった場合、キャットフードを変えることで食べてくれる可能性はあります。

2.原材料にこだわってみよう

キャットフードの主な原材料は、肉類・魚類・穀類などがありますが、何が好みなのかは試してみなければわかりません。
とはいえ、主食を都度変えることは猫の胃腸への負担になり、小分けされていないフードを試すことは飼い主への経済的な負担にもなります。
そんなときは、一般食やおやつとして販売されているフードを利用しましょう。
肉類であれば、チキン・鹿肉・牛肉・ラム・ターキー・アヒルなどがあり、魚類ではサーモン・ニシン・カツオ・タラ・マグロなど、バリエーションも豊富です。
肉や魚が混合され、匂いや味にもこだわっている商品も数多くあります。
試供品や1食分だけ販売している商品もあるため、気軽に試しやすいので、総合栄養食のドライフードにトッピングして与えると、栄養もしっかり補えるのでおすすめです。

3.品質にこだわって選んでみよう

安価なキャットフードでは、猫の嗅覚を刺激し食いつきをよくするためにオイルやパウダーを使用している商品があります。
プレミアムフードに多い添加物不使用のキャットフードでは、素材に高タンパク質の原材料を使うことで、人口的な香りをつけていないフードが多くあります。
猫は素材に含まれるアミノ酸や脂肪に反応して食欲がわくことがあるので、新鮮な原材料が使われたキャットフードは食いつきが良いことも多いです。
しかし、人工添加物に慣れた猫にとっては物足りないと思うこともあるので、仔猫の頃の食事は将来の嗜好性に影響を与えるため大切です。

4.食感も猫にとって大切

猫によって、ドライフードのカリカリとした固い食感を好むことがあれば、柔らかくなめらかな食感を好む猫もいます。
仔猫の歯が生えそろう頃は、固い食感を好み、加齢により歯が弱くなった猫は、ドライフードが食べにくく、ウェットフードやパテタイプを好むこともあります。
年齢や歯の状態なども考慮しながら、いろいろな食感のフードで猫の好みを探りましょう。

おすすめコラム一覧Related column