猫の口が臭いのはキャットフードの選び方のせい?

1.猫の口臭の原因

キレイ好きの猫は、健康な場合あまり匂いは気になりません。
猫と遊んでいる時に、口臭が気になったことはないでしょうか。
猫の口臭が強くなる原因には様々なことが考えられます。

1-1.歯周病が原因

口臭が強くなった猫は、歯周病や歯肉炎、口内炎など、口腔内で炎症を起こしていることがあり、口腔内に雑菌が繁殖して匂いの原因になっていることが考えらえます。

1-2.病気が原因

口腔内の病気以外に、体内で病気を抱えている場合に口臭が強くなることがあります。
例えば、腎機能や肝機能が正常に働かず、体内の不要な物質がうまく排泄されないことや、便秘や腸閉塞が原因で口から便臭がすることもあります。
中には、猫白血病や猫エイズなどの感染症にかかっている可能性もあるため、口臭以外にも異変が見られたら、すぐに動物病院へ連れていきましょう。

1-3.キャットフードが原因

キャットフードの選び方も、口臭に影響します。
歯にくっつきやすいウェットフードばかりを与えてしまうと、歯石が溜まって歯周病の原因になります。
歯周病が気になる場合は、なるべくドライタイプのキャットフードを与えましょう。
他にも、人工添加物が大量に使われているキャットフードを与えていると、体内での代謝がうまく出来ずに消化不良を招き、口臭以外に糞尿の匂いもきつくなることがあります。
添加物の少ない良質なキャットフードを与えることは、猫の免疫力を高めて病気にかかりにくくします。
口臭の予防にも効果が期待できます。

2.猫の口臭対策

2-1.歯磨きを試そう

人間同様に、歯を磨くことは虫歯予防や歯周病予防には効果がありますが、歯を触られることを嫌がる猫はたくさんいます。
上手くスキンシップをとりながら、少しずつ慣れさせる必要があります。
猫用の歯ブラシもありますが、濡れたティッシュで軽くふいてあげるだけでも良いので、猫が嫌がらなければ試してみましょう。

2-2.病気の場合は治療で治す

口腔内の病気が原因で口臭がする場合は、病院で治療してもらいましょう。
歯石の除去や消炎剤を使った治療をしますが、悪化した歯周病では抜歯が必要になることもあるので、口臭が強い以外に食欲不振や食べるときに痛そうなそぶりを見せる様子があれば、なるべく早めに病院へ連れて行ってあげましょう。

2-3.キャットフードで改善する

歯に付きにくいドライタイプのキャットフードに変えてみましょう。
適度な固さで歯にくっつきにくいため、ウェットフードよりも口臭予防が期待できます。
ブラッシング効果のあるデンタルケア用のフードを利用することもおすすめです。
他にも、酸化や劣化で傷んだキャットフードを食べることが口臭の原因になることもあります。
一度開封したキャットフードは、ジッパー付きの袋で密閉し、冷暗所に脱酸素剤と一緒に入れて保存しましょう。
賞味期限内であっても、酸化して風味や成分が変わることもあるので、早めに食べ切るようにしましょう。

おすすめコラム一覧Related column