下痢が止まらない猫へのキャットフードの与え方

1.日ごろから糞を観察しておく

猫を飼ううえで、食事と排泄は健康状態を把握する大切なバロメーターです。
猫は下痢やおう吐をしやすく、普段と異なる食事やちょっとした環境の変化によるストレスなどが影響することもあります。
症状がひどい場合や、症状が続くようであれば、早急に病院へ連れていき、適切な治療を受けるようにしましょう。

2.下痢を起こす原因は?

ひとことで下痢といっても、便の状態によって様々です。
あまり水分が多いようであれば、小腸や十二指腸の腫瘍や寄生虫など、深刻な状態を疑ってください。
また色によっても状態を知ることができ、血が混ざるようであれば、腸にできた腫瘍や腸が傷ついている可能性もあります。
慢性的に続く場合は、病気もしくは食事内容が影響している可能性があります。
アレルギー胃腸炎、感染症やダニやノミが影響することもあります。
予防接種は定期的に行い、清潔な環境を保ちましょう。
また、ブラッシングをすることで、毛玉を飲みこんだ際に腸壁を傷つけることを予防します。

3.フードの与え方で気をつけること

3-1.脱水症状に気をつける

下痢を起こすということは、水分が糞と同時に排泄されているため、脱水症状に注意する必要があります。
ただし、水分の摂りすぎにより、下痢の症状が改善しない場合もあります。
適切な判断は医師に相談するようにしましょう。

3-2.食事量を抑える

下痢が止まらないという状態は、胃腸に負担がかかっています。
1回の食事量を減らし、回数を増やすことで、食べ過ぎなどによる胃腸への負担を軽減します。
また、ドライフードを与えているのであれば、ウェットフードや少しぬるま湯でふやかしたドライフードなど、消化に良い状態のフードを与えても良いでしょう。
胃腸などの消化器官の負担が原因の場合、この方法で解消することが多いです。

3-3.食中毒の可能性を考えよう

猫が食べると中毒症状を起こす食べ物があります。
例えば、玉ねぎやにんにくなどのネギ類、チョコレートやココアに含まれるカカオ、生の魚介類などがあります。
キャットフードを手作りしている場合や、人間の食事を食べる可能性がある場合は、与えないように注意しましょう。

3-4.ストレスを与えない

引っ越したばかりや、騒音、異臭、多頭飼いで他の猫に邪魔されるなど、些細なことでも猫はストレスを感じ、そのことが下痢などの体調不良を引き起こす原因にもなります。

3-5.病院で診断を受けよう

下痢が続く場合や、状態が悪化する場合、他にもふらつきや食欲不振などの症状がみられる場合、他の病気が関係している可能性があります。
的確な診断を受けるために、毎日の様子や食事量、排泄の様子や便の状態などを毎日記録しておくことを心がけましょう。

おすすめコラム一覧Related column