猫が病気にならないキャットフード選び

1.健康のためには食事が大切

猫に健康でいてもらうためには、食事にこだわってあげることが必要です。
1日に必要なカロリーと、バランスよく配合された栄養素を確実に補う事で免疫力を高め、病気にかかるリスクを低下させます。
そのためには、総合栄養食のキャットフードを主食として選ぶことが大切ですが、その総合栄養食にも色々なメーカーから豊富な種類が販売されています。

2.健康のために総合栄養食にこだわろう

2-1.成長期は色々な種類を与えよう

離乳後に総合栄養食を与えるときに、様々な食感や味のキャットフードを食べさせるようにしましょう。
食べ慣れない食事を避ける性質がある猫ですが、仔猫の頃は好奇心が旺盛のため、なんでも口にする傾向があります。
この時期に、色々な食事を経験することで、将来的に療養食などの必要な食事に切り替えるときに役立ちます。
成長期なので、成猫になるために多くのカロリーを必要とするため、食べたいだけ与えても肥満になることはほとんどありません。

2-2.総合栄養食で大切なポイント

栄養素の適正量を与えるために、ライフステージに合った総合栄養食を選びましょう。
そして、パッケージの原材料を確認しましょう。
猫は肉食で腸が短く、穀類よりも肉の消化吸収が得意な動物です。
原材料として記載されている1番目に、チキンやターキー、鹿肉、などの肉や魚肉などの動物性タンパク質が多く使われているキャットフードを選ぶと良いでしょう。
コストも大切ですが、なるべく食品添加物が使用されていないキャットフードを選ぶと、消化にも良いのでおすすめです。

2-3.猫に多い病気を予防しよう

アレルギーや感染症、内臓疾患など、猫がかかりやすい病気があります。
病気にならないための予防として、免疫力を高めることが大切です。
運動やストレスを与えないこと、食事面でも免疫力を高めるキャットフードを与えると良いでしょう。
乳酸菌やオリゴ糖など、腸内環境を整えることで免疫力が高まります。
他にも、猫は腎疾患や尿路結石症にかかりやすい動物です。
そもそもあまり水を飲まないため、体内のろ過装置でもある腎臓に大きな負担がかかります。
なによりも水を飲む習慣をつけることが大切ですが、食事においても腎臓になるべく負担を与えないキャットフードを選ぶと良いでしょう。
リンやマグネシウムの配合を抑えたキャットフードがあり、結石症予防や、pHコントロール、腎臓ケアなどの表記がされています。
健康な状態の場合、専用のキャットフードを与える必要はないのですが、加齢とともに病気にかかりやすくなるため、猫の健康状態をしっかり把握し、何か異変があったときにすぐに気が付くようにしてあげましょう。

おすすめコラム一覧Related column