猫がキャットフードを吐いたときには?

1.キャットフードを吐く原因

・消化不良が原因
固すぎるフードや大きすぎるフードを丸飲みしたあとや、消化が不得意な穀類を多く含むキャットフードなどを食べたときに、消化できずに吐きだしてしまうことがあります。
ほかにも、猫はあまり胃が大きくないため、食べ過ぎたときに吐き出すことがあります。
・喉にご飯が詰まったため
噛み砕けずに大きめのフードを飲みこもうとして喉に詰まった場合に吐きだします。
・キャットフードが合わない
切り替えたばかりの食べ慣れないキャットフードや、猫が食べてはいけないネギ類などを含む食べ物を誤って食べたときに、体が拒絶反応をおこし、吐きだすことがあります。
・毛球が溜まっている
猫は自分で毛繕いをしますが、換毛期などは大量に毛が抜けるため、そのまま飲み込んでしまいます。
胃や腸に溜まった毛球を吐きだす時に消化されていないキャットフードが一緒にでることがありますが、吐いた後に元気であれば問題ないでしょう。
毛球は吐き出さなければ毛球症という病気を引き起こす可能性があるので、毛球を吐き出す行為自体は正常です。
・空腹が原因になることも
お腹が空きすぎておう吐することもあるようです。
少し泡立った液体を吐きだしたらそれは胃液です。
また、少し黄色い液体を吐いたらそれは胆汁です。
消化によいキャットフードを与えて様子をみましょう。

2.吐いた状況を観察して冷静な対応を

猫は本来、あまり咀嚼するという行動をせずに丸呑みする習性があるため、食べたフードを吐きだしやすい体質です。
吐いたからと言って慌てずに様子を観察しましょう。
吐いた後に元気な様子であれば、一時的なものなのであまり心配する必要はありませんが、以下のような症状が見られた場合、すぐに病院に連れていくようにしましょう。
その際に、吐いた時の状況などを細かく記録しておくと診察に役立ちます。

・何度も激しくおう吐する
・血が混ざっている

病気が原因の可能性があります。
例えば、潰瘍や腫瘍、食道炎、胃腸炎、腸閉塞、など。
ただ、嘔吐につながる病気は多く、吐くこと以外にも便秘や下痢、足元のふらつきなどの異常がある場合は、他の病気に関連する症状であることも考えられます。

・吐しゃ物に紐のような虫(回虫)が混ざっている
現物をもって病院へ行くか、写真を撮って病院へ連れていき、駆虫薬を処方してもらいましょう。

・しばらく時間が経ってキャットフードを吐く
食べてすぐの嘔吐であれば、食べ過ぎや、消化できない大きさの食べ物を飲み込んだことが考えられますが、食後数時間たって吐くことがあれば、消化器官に異常がある可能性があります。

おすすめコラム一覧Related column