低アレルギーのキャットフードについて

1.猫もアレルギーになるの?

猫も人と同じように、アレルギーになります。
猫の場合の多くは、まず皮膚炎を発症し、発疹や脱毛などの症状が現れます。
痒みがおこることで皮膚を引っ掻き、傷をつけて悪化するケースもあります。
ノミやダニ、花粉や動物のフケなどで起こるアレルギーがありますが、特に近年では食物アレルギーにかかるケースが多くみられます。

2.食物アレルギーとは

食物アレルギーとは、キャットフードに含まれる特定の成分に対しておこるアレルギー反応です。
体内の免疫が過剰に反応し、皮膚疾患をはじめ、様々な症状をひきおこします。
一般的には、牛肉や乳製品、鶏肉、卵などのタンパク質、小麦や大豆、トウモロコシなどの穀物が原因となることが多いです。

2-1.アレルギーの症状

アレルギー反応が出た猫は、全身の皮膚に痒みが現れ、引っ掻いて脱毛したり皮膚を傷つけたりすることがあります。
悪化すると膿皮症や外耳炎などの併発や、猫によっては、下痢や嘔吐、発熱、消化器系の疾患をおこす場合もあります。

2-2.アレルギーの原因について

新しいキャットフードを食べたからといってすぐに発症するものではなく、数年間食べ慣れたフードで突然アレルギー症状が出る場合も多く確認されています。
アレルギーにかかりやすい年齢などはなく、アレルギーの発症には個体差があります。
猫によっては、免疫が低下しているときや、去勢によるホルモンバランスの崩れによるもの、また強いストレスが影響して発症することもあるようです。

3.アレルギーの猫のためのキャットフード

3-1.低アレルギーのキャットフード

食品アレルギーの猫の場合は、どの食品に対してアレルギー反応を示しているのかを見極める必要があります。
市販されているキャットフードには、アレルギー対応の療養食などが販売されていて、アレルギーを起こしやすい卵や小麦、乳製品を使用していないものがあります。
まずは、特定の成分を含まないフードを与え、どの物質にアレルギー反応がでるのかテストすることが、アレルゲンの特定への近道です。
また、粗悪で格安なキャットフードには、成分偽装やすべて記載されていないということも考えられます。
食品添加物や防腐剤、着色料など、健康に害を与える成分が入っていないとはいいきれません。
最近では、原材料にこだわった健康志向のキャットフードや、添加物不使用のナチュラルフード、穀類不使用のグレインフリーフードなど、猫の体質や健康維持のためにさまざまなキャットフードが発売されています。
これらのキャットフードに変えてみて、アレルギー反応がでるかどうかを確認してみましょう。

3-2.低アレルゲン療法食

タンパク質が原因となる場合、消化がうまくできないためにアレルギー反応がでてしまうということも考えられます。
病院などでも処方されている、低アレルゲン療法食には、タンパク質を最小単位まで加水分解し、アレルギー反応が起こりにくいように作られたフードもあります。

3-3.食べたことのない種類のタンパク質

それでもアレルギー反応が見られる場合は、猫がこれまで食べたことのない原材料のキャットフードを試してみても良いでしょう。
例えば、馬や羊、カンガルーやアヒルの肉から作られたものなどです。
食べたことのないタンパク質であれば、アレルギーが起こる可能性がとても低くなるので、どうしてもアレルゲンの特定が難しいようであれば、試してみましょう。

おすすめコラム一覧Related column