体臭を抑えるキャットフード

1.猫の体臭について

野生動物でもある猫は、自分の匂いを消して獲物を狩っていたため、あまり体臭は気になりません。
猫はキレイ好きとしても有名ですが、自分でグルーミングし、常に清潔を保つことができますが、皮膚にある皮脂腺やアポクリン腺からでる分泌物が分解されると、わずかに匂いが発生します。
他に、尻尾の付け根などのお尻周りや耳、汗腺がある肉球なども匂いが発生しやすい場所ですが、自分でグルーミングできる間の体臭はあまりしません。

2.体臭がきつくなる理由

キャットフードの影響により、体臭がきつくなることがあります。
消化不良を起こすようなキャットフードや、酸化した古いキャットフードを与えることにより、腸内環境が悪化することが原因です。
また、病気やけが、肥満や加齢などで体が思うように動かせないときに、自分でグルーミングができなくなると体臭がきつくなります。
病気が原因の場合、腎機能が悪化することでアンモニア臭が強くなることや、皮膚病が原因で異臭がすることもあります。
歯周病や口内炎などで口が臭くなった状態でグルーミングをしたとき、匂いの原因が全身に広がるということもあります。
猫の体臭がきつい場合は、動物病院で診察してもらうと良いでしょう。

3.体臭を抑えるキャットフードとは

猫の体臭を抑えるために大切なことは、品質が良く消化によいキャットフードを与えることです。
そのためには、穀類不使用(グレインフリー)のフードや、肉を主原料として、高タンパク・高脂質で、できれば添加物不使用のキャットフードを与えてあげましょう。
総合栄養食のみであれば問題はありませんが、おやつなどの与えすぎで栄養が偏ってしまうと、代謝に支障が現れ、体臭がきつくなってしまうことがあります。

4.消臭成分配合のキャットフード

猫は水分をあまりとらないため、尿に老廃物が凝縮され、尿や糞など排泄物の匂いがきつくなります。
トイレが下手な猫の場合、体に匂いが付くこともあり、こまめに猫砂を交換しなければ部屋中に匂いが移ってしまいます。
キャットフードには、消臭作用のある商品があります。
しかし、安価で販売されているフードには、化学物質由来の成分を使っている場合があり、このようなフードを与え続けていると、猫の健康被害を招いてしまう可能性があります。
猫の健康のことを考え、天然由来の消臭成分でもあるカテキンなどが配合された商品を選びましょう。

おすすめコラム一覧Related column