多頭飼い用キャットフードについて 

1.多頭飼いするときのキャットフード

複数の猫を飼っている人にとって、キャットフードをどうするかは悩ましい問題です。
飼っている猫の年齢がほぼ同じであれば、ライフステージに応じた同じキャットフードを与えれば良いのですが、猫の年齢が異なる場合は、猫によってフードを変えなければいけません。
その場合、猫同士の横取りなどに気をつけなければならないので管理が大変です。

2.全年齢用のキャットフードがおすすめ

全年齢用のキャットフードは、どの年齢の猫が食べても問題ないように、高タンパク質でバランスの良い栄養が配合されています。
そのため、与える量を調整するだけで年齢の違う猫に同じキャットフードを与えることができ、飼い主の負担も軽減されます。
また、多頭飼いの場合は、どうしても餌代にコストがかかりがちになってしまいますが、メーカーによっては定期購入やまとめ買いで安く購入できる商品もあるので、利用してみても良いでしょう。
全年齢用のキャットフードを選ぶポイントは、なるべく高品質で信頼できるメーカーの商品を選ぶことをおすすめします。
インターネットのレビューや口コミも参考になります。
キャットフードに使われる原材料は、肉や魚の配合が多い商品を選ぶようにしましょう。
アレルギーのリスクを減らすために、添加物不使用のフードやグレインフリー(穀類不使用)のフードなどもあります。

3.全年齢用キャットフードを与えるにあたって注意すること

3-1.健康であることが前提

全年齢用のキャットフードは、全ての年齢に対応しているからといっても、あくまで「健康」な状態の猫のためのご飯のことです。
もし病気にかかってしまったら、専用の療養食を個別に与える必要があります。
療養食を与える間は、他の猫とご飯を与える時間をずらして、ほかの猫に邪魔されない環境を用意してあげることが必要になります。

3-2.栄養素と原材料で選ぶ

ひとことで全年齢用といっても、様々な種類のキャットフードがあります。
例えば、腎臓病を予防するために、リンやマグネシウムを控えたキャットフードや、高タンパク質で低脂質のキャットフード、穀類アレルギーの猫にはグレインフリーのキャットフードなどもあるので、猫の健康を考えた適切なフードを選びましょう。
また、価格が相場と比べて極端に安いフードは、賞味期限が近かったり、粗末な原材料が使われていたりすることもあるので、成分表は必ず確認しましょう。

3-3.損しないよう慎重に

飼っている猫の味や好みも加味して選んであげることも必要です。
多頭飼いの場合、大容量のキャットフードを選んでしまいがちですが、猫の好みに合わずに食べてくれなければ意味がありません。
キャットフードによっては、お試しサイズのキャットフードを販売しているメーカーもあるので、できれば事前に猫に味見してもらうと安心です。
飼っている猫たちの好みが全く異なる場合は、副食のフードのトッピングを試してみても良いでしょう。

おすすめコラム一覧Related column