総合栄養食以外のキャットフードの活用方法

1.総合栄養食以外のキャットフードの特徴

キャットフードには、それだけで猫の1日に必要な栄養が補える「総合栄養食」と、それ以外の「副食」や「おやつ」などがあります。
これらは、味や匂い、原材料にもこだわった嗜好性の高いフードや、特定の栄養を補うためのフードなど、多彩な目的に応じた商品が多く販売されています。
また、形状にも様々なタイプがあり、フレークタイプ、パテタイプ、スープタイプ、ジャーキー、パウダー状のフードなど、バリエーションも豊富です。

2.どう活用すると良い?

総合栄養食を与えることが基本なので、あくまで補助的な位置づけで活用するようにしましょう。
以下のような場面で、副食を活用することをおすすめします。
・栄養を補給する目的
副食の中には、カルシウムや乳酸菌など、栄養補給を目的としたフードがあります。
副食のほかに、「栄養補完食」や「動物用サプリメント」、「カロリー補給食」などという表記がされていることもあります。
・食い付きが悪くなったときの味付けに
毎食同じキャットフードを与えていると、匂いや味に飽きてしまい、食欲がなくなることがあります。
その場合にドライフードにペーストタイプやスープタイプの副食を混ぜて与えることで食欲が刺激され、キャットフードを食べてくれるようになることがあります。
・ご褒美としてあたえてコミュニケーションをとる
猫とのスキンシップや、ご褒美で与えると、猫が喜んでくれます。
ただし、欲しがるからといって与え過ぎないことが大切です。
・水分補給
水をあまり摂らない猫は、腎臓などに大きな負担がかかります。
水分含有量の少ないドライフードだけでは水分を補えませんが、スープタイプの副食をあわせて与えることで、食事毎に水分を補給することができます。
・薬を飲ませたい
病気の予防や治療が目的で、病院で処方された飲み薬を与えることがあるかもしれません。
猫によっては、異物を警戒して飲みこまないこともあるので、ペースト状のキャットフードに混ぜて与えることで、薬ごと飲みこんでくれる可能性が高いのでおすすめです。
・ダイエットなどが目的のカロリー調整に
総合栄養食で、高品質なキャットフードは、カロリーが高めのフードが多くあります。
肥満の解消などでダイエットが必要になった場合、総合栄養食を減らし、カロリーを調整した副食を与えることで、ストレスを与えることなくダイエットに取り組めます。

3.注意すること

ドライフードと比べると、副食やおやつは匂いや味にこだわっていて嗜好性が高すぎるため、匂いの少ないドライフードを食べなくなる可能性が考えられます。
また、副食やおやつを与え過ぎてしまうと栄養が偏り、栄養不足や栄養過多が原因でおこる病気や、カロリーの摂りすぎで肥満の原因になることもあるため、あまり頻繁に与え過ぎないよう注意しましょう。

おすすめコラム一覧Related column