全年齢用のキャットフード

1.全年齢用のキャットフードの特徴

キャットフードには、「全年齢用」や「全ライフステージ対応」などと表記された種類があります。
全年齢用のキャットフードには、子猫の成長期から高齢期のすべての猫に必要な栄養バランスが配合されているため、ライフステージに応じてキャットフードを切り替える手間がかかりません。
ミルクで柔らかくふやかして与えることで離乳食としても与えることができますし、消化機能が弱くなった高齢の猫には、お湯でふやかして与えるとよいでしょう。
年齢によって、必要な栄養素は変化しますが、全年齢対応用のキャットフードの場合、与える量を調整することで、栄養の偏りを解消します。

2.飽きのこない工夫も必要

毎日同じご飯を食べていると飽きてしまう人間と同じように、猫も同じキャットフードに飽きてしまい、食欲がなくなってしまうことがあります。
そんな時は、副食のキャットフードでアレンジするなど、食事のバリエーションを増やしてみましょう。

3.プレミアムフード

全年齢用のキャットフードには、プレミアムフードと表示された商品が多くあります。
保存料や酸化防止剤といった添加物がほとんど使われず、質が良い肉や魚などを原材料に作られています。
ビタミンやミネラルもバランス良く配合され、高品質の動物性タンパク質を効率良く摂ることができます。
その分価格が通常のキャットフードの数倍の価格で販売されている商品もあります。

4.多頭飼いにおすすめ

猫を多頭飼いしている場合、ライフステージ別のキャットフードをそれぞれ与えるとなると、間違って与えてしまったり、他の猫用のご飯を奪って食べてしまったりしないよう管理する必要があるため大変です。
そんな場合、全年齢用のキャットフードであれば安心です。

5.健康状態によってキャットフードを変えよう

全年齢用とはいえ、同じキャットフードを与えるためには、猫が健康であることが大切です。
例えば、腎臓に病気がある場合は、腎臓病用のキャットフードを、糖尿病の猫には糖尿病用のキャットフードに変える必要があります。
病気の改善や予防したいという場合は、専用のキャットフードを選んだほうが良いので、獣医に相談するようにしましょう。
妊娠中や授乳期は、少量で高カロリーのキャットフードが必要になるため、専用のフードを与えた方が良いでしょう。

6.猫にあった商品を探そう

全年齢対応のキャットフードでも、メーカーによって栄養素の配合や主原料はことなり、「子猫におすすめ」「老猫に最適」などの表記をしている商品もあります。
キャットフードを購入する際は、成分表やパッケージに記載されている情報を参考にし、飼っている猫に最適なフードを見きわめることが大切です。

おすすめコラム一覧Related column