水をあまり飲まない猫のためのキャットフード

1.猫が水をあまり飲まないのは習性

猫はあまり水を飲みません。
というのも、猫のルーツは砂漠地帯で生活していたリビアヤマネコであるという説があり、水の少ない地域で生きていくために、尿を濃縮して排尿の量を少なくするように体の構造が作られたといわれています。
そのため腎臓に負担がかかりやすく、猫は腎疾患になりやすい傾向があります。
さらに、結石ができやすいなど、泌尿器系の疾患も多くみられます。
これらの病気を予防し、排泄や代謝をスムーズに促すためには、適度な水分補給は欠かせません。
さらに、猫にはほとんど汗腺がなく汗をかく部位が限定されるため、夏場の体温調整には特に水を十分に補うことが必要です。

2.必要な水分量とは

猫にとって水分は、排尿や排泄・呼吸・鳴くことなどで消費されています。
環境や年齢など、個体差はありますが、猫が1日に必要とする水分量は、体重1キロあたり50~60mlといわれています。
なるべく水を多く飲ませる方が良いとされがちですが、反対に体重1キロ当たり100ml以上の水を飲む場合、多飲多尿と判断され、糖尿病や慢性腎不全、子宮蓄膿症、尿崩症などの病気が疑われます。

3.キャットフードで水分を補給する

ドライキャットフードを与えるときには、必ず新鮮な水を用意してあげることが必要です。
ドライフードをぬるま湯でふやかすと食べやすくなり、水分も同時にとれるのでおすすめです。
それでもあまり水を飲まなければ、キャットフードの種類を変えてみることも検討してみましょう。
ウェットキャットフードには水分が75%ほど含まれているのでふやかした時と同様に食事とともに水分の摂取ができます。
また、スープタイプのキャットフードであれば、より多くの水分を補給することができます。
総合栄養食のドライキャットフードを混ぜることで栄養もしっかり補うことができるので、活用してみましょう。

4.猫に水を飲んでもらうために

新鮮できれいな水を、寝床や食事場所をはじめ、部屋のあちこちに用意しましょう。
床に置かずに台を使うなど、少し高さをもたせることで飲みやすくなります。
お皿はなるべく平らで、髭が付かないようにすると良いでしょう。
水道水の場合は浄水器を使うなど、カルキ臭を消すことで飲むようになることがあるようです。
ただし、ミネラルウォーターは、マグネシウムなどのミネラルの過剰摂取を招くことがあるため、成分には注意が必要です。
猫によっては、手洗いの水など、流水に興味を持つことがあります。
流水式の給水器を活用することで水を飲むようになる場合もあるので、試してもよいでしょう。

おすすめコラム一覧Related column