ご飯をあまり食べない猫のためのキャットフードの選び方

1.猫があまり餌を食べなくなる理由には何がある?

1-1.老化や病気が原因

高齢の猫は免疫力が低下し、口内炎や歯周病によってご飯をあまり食べることができないことがあります。
ほかにも猫は嗅覚で食欲を感じるため、鼻炎などにより鼻が詰まり、匂いを感じることができなくなると食欲をなくします。
この場合、ウェットタイプのフードを少し温めるなどして匂いを強めることが有効です。
ドライタイプのものは水やお湯でふやかして食べやすくしてみるとよいでしょう。
また、病気が原因の場合、胃腸炎などの消化器官や、腎臓や肝臓の不調が影響することもあります。
熱中症や体の痛みなど、食欲不振につながる病気は人が見ただけではわかりません。
特に下痢や嘔吐を繰り返したりするのであれば、すぐに病院で診察してもらいましょう。

1-2.環境に影響されている

引っ越しや貰われてきたばかりの猫など、飼育環境の変化により落ち着かず、食欲がなくなることがあります。
猫にとって安心して食事ができる環境を整えてあげることが大切です。
また、発情期の猫は食欲が減退する傾向にあるので、去勢前の猫であればその影響も考えられます。
さらに、猫によっては食べ方が下手で食事をあきらめてしまう猫もいます。
床に置いた状態できれいに食べることができない、手やスプーンからでないと食べないといった場合は、フードを置く高さを上げてみるなどの工夫をしてみると良いかもしれません。

1-3.お腹がすいていない

広い一軒家や、自由に外へ遊びにでることができる猫と比べ、都会のマンションなどで飼われている猫は運動不足になりがちです。
キャットタワーなど、室内でも一定の運動ができる遊具などを活用し、空腹を感じさせるようにしましょう。
また、毎日の食事の時間を決めて、一定の時間が経ったら片づけるようにすることで、食事を習慣づけることができるかもしれません。

1-4.キャットフードが合わない

猫の嗅覚は人の何倍も優れているため、苦手な匂いがしたり食感が好みじゃなかったりすると、食べないことがあります。
様々なメーカーから、タイプ・機能別に味や栄養にこだわりをもたせたものが発売されているので、いろいろと試してみると良いかもしれません。
ただし、急に新しいフードに変えてしまうと、胃腸がびっくりしておう吐や下痢を引き起こしたり、「ネオフォビア」という新しいものを避ける現象を引き起こしたりする可能性があります。
一般的に、猫は生後6カ月までに口にしたものでないと食べないなどといわれているので、新しいフードを食べて欲しい場合は、食べ慣れたものに少しずつ混ぜて、慣れさせることが大切です。

2.キャットフードの種類にはどんなものがある?

2-1.総合栄養食と一般食について

キャットフードには、大きく分けて「総合栄養食」と「一般食」があります。
総合栄養食は、主食となるバランスのとれた栄養素を含む製品で、総合栄養食と水だけで健康が維持できるとされるものです。
「ペットフード公正取引協議会」の指定された基準を満たし、試験をクリアしたものだけが総合栄養食と表示できます。
一般食とは、おやつやおかずのような位置づけで、単体では健康を維持するだけの栄養を含まないため、総合栄養食と併用して与えるものです。
適切なカロリーや栄養バランスを保つため、給与限度量は一日当たりのカロリー所要量の20%以内に抑えることが目安とされています。

2-2.キャットフードのタイプについて

キャットフードには、ドライタイプとウェットタイプのものがあります。
ドライタイプとは、水分が10%程度以下に調整されたフードです。
価格もリーズナブルで長期保存に向いています。
多くのものは加熱発砲処理がされた固形状のもので、歯にくっつきにくく、歯周病や歯石予防に良いといわれています。
劣化してしまうと味が落ち、カビや雑菌も繁殖しているため、開封後のものは、冷蔵庫で保管するとよいでしょう。
また、乾燥しているため水分不足になりやすいというデメリットもあります。
ドライタイプのフードの場合は、たっぷりのお水と一緒に与えましょう。

ウェットタイプは、水分を75%程度含んだもので、缶詰やアルミパウチに入っています。
一食食べきりのサイズなので、与える量や栄養の計算が簡単です。
一般食に分類されるウェットタイプのフードでは栄養不足になる可能性があるため、ドライタイプのもので栄養を補う必要があります。
ウェットタイプを主食にする場合は、総合栄養食と表記されたものを選ぶようにしましょう。
ドライタイプと比較すると、水分補給もできて消化も良く、さらに匂いが強いものが多いため、食欲増進も期待できます。

2-3.年齢に合ったフードを選びましょう

離乳期~生後8カ月ころは、子猫用ミルクと併用しながら子猫用のキャットフードを与えましょう。
成長期に必要なタンパク質や脂肪分、ビタミンなどのミネラルを豊富に含んでいます。
柔らかいウェットタイプのフードや、ドライタイプをふやかしたものが食べやすいのでおすすめです。
小さい子猫の時期はまだ胃が小さいため、高栄養のキャットフードを1日に3~5回に分けて与るようにしましょう。
6歳~8歳を過ぎたシニア猫になると、食べる量が自然と少なくなるため、栄養価の高いフードを選ぶ必要があります。
タイプや機能別に、シニア用のキャットフードも数多く発売されています。
猫は体の構造的に、年を取るうちに腎臓を悪くすることが多いため、リンの含有量を抑えたものを選ぶと良いでしょう。
また、消化器官や歯を悪くした猫は、量が食べられなくなるため高栄養で水分を多く含むウェットタイプや、ドライタイプにウェットタイプを混ぜるなど、食べやすくする工夫をしてみましょう。

3.嗜好や個性を見きわめよう

猫の食性として、1回の量は少なく複数回に分けて食べる猫もいます。
食事量の管理は、1日の総量などから判断すると良いでしょう。
猫も人間と同じように、いつも同じものだと飽きてしまったり、体調によって好みのものが変わってしまったりすることがあります。
手作りのキャットフードを与える人もいますが、食材や栄養バランス、カロリーの調整を都度考えるとなるとかなり大変です。
市販のものを上手に活用し、猫の健康を第一に考えたキャットフードを与えるようにしましょう。

おすすめコラム一覧Related column