食いつきの良いキャットフードはどの味か

1.キャットフードの種類で決めよう

キャットフードは、総合栄養食と、副食やおやつに分けられます。
猫が健康に生きるための栄養がしっかりおぎなえる総合栄養食を決めて、副食やおやつでコミュニケーションをとりましょう。
まずは、総合栄養食で、猫の好みのフードをさがしましょう。
副食やおやつは、総合栄養食のトッピングとして食欲増進に役立ちます。

2.形状にも好みがあります

食感や舌ざわりも、食いつきに大きく影響します。
キャットフードの形状には色々なタイプがあるので、試してみましょう。

2-1.ドライタイプ

カリカリと呼ばれるキャットフードで、総合栄養食として与えることが一般的です。
固い食感は成長期の猫に好まれやすく、お湯やスープでふやかして与えるというアレンジもできるため、一生与えることができる猫の主食です。

2-2.フレークタイプ

缶やパウチに入ったウェットタイプのキャットフードです。
総合栄養食タイプもあります。
柔らかく水分が多いので、水分を摂らせたい猫のご飯におすすめです。
匂いも強く、ドライキャットフードに比べて食いつきが良いことが多いです。

2-3.ペースト・液状タイプ

強い臭いと液体のようななめらかな舌ざわりのため、爆発的に食いつきが良い商品も存在します。
ご褒美やコミュニケーションの一環として与えるのに最適ですが、使いようによってはトッピングして食いつきをよくするために活用できます。

2-4.スープタイプ

食欲が落ちた猫や、消化器官が弱い猫の食事にぴったりです。
ドライキャットフードに混ぜて与えると、必要な栄養もしっかり補うことができます。
少し温めることで匂いがたち、猫の食欲を刺激します。

2-5.ジャーキーやいりこなど

しっかりした食感がある、素材そのままを活かしたおやつです。
噛めば噛むほど味がでるので、噛み応えのある食感を好む猫や、成長期の歯固めに与えても良いかもしれません。

3.食いつきが良い味にはなにがあるか

猫のメインの食材は、大きく分けて、肉類と魚介類に分けられます。
穀類や野菜類は食べる習慣がありません。
猫は、基本的に動物性タンパク質や脂肪を多く含む、匂いの強い食材を好みますが、嗜好性は、猫によってバラバラで、仔猫のころに食べたことのない味や匂いのフードを避ける傾向もあります。
同じチキン味でもメーカーによって微妙な匂いや味付けは違い、肉や魚をブレンドした商品など、味だけのバリエーションでもかなりの種類があります。

・肉類の味 鶏(ささみ)、鹿、豚、ターキー、ウサギ、アヒルなど
・魚介の味 カツオ、マグロ、サーモン、にしん、カニ、ホタテなど

キャットフードは、基本的に肉や魚などが多く配合されたキャットフードを選びましょう。
仔猫の頃になるべく色々な食感や匂いのする食事を与えることで、大人になってからのキャットフードの切り替えに役立ちます。
メーカーによってはサンプルを配布しているところや、少量のお試しサイズで販売している商品もあるので、猫の好みを探してみてください。

おすすめコラム一覧Related column