歯垢や歯石がつきにくくなるフード

1.猫のデンタルケアについて

猫は、そもそも虫歯になりにくい動物です。
野生で生きていた頃の猫は、様々な硬さの肉や餌を食べることにはブラッシング効果があり、歯垢がたまりにくくなり、歯石の心配もありませんでした。
ですが、現代ではウェットキャットフードや様々なタイプの食べやすいキャットフードを与えられることで、歯の根元に歯垢や歯石がたまりやすくなり、歯周病にかかる猫が増加しています。

2.歯周病や虫歯の見分け方

猫の口臭がひどい場合や、歯茎の腫れ、出血、ご飯を食べるときに痛がって食べることができないといった状態が見られる場合、歯周病が疑われるので、すぐに病院に連れて行きましょう。

3.歯周病や虫歯を防ぐには

猫用の歯ブラシを使い歯磨きをしてあげることや、濡らしたティッシュなどで歯の外側をぬぐってあげるだけでも歯垢や歯石の予防になりますが、猫の多くは口を触られることを嫌がります。
歯磨きをしたいのであれば、仔猫の頃から習慣づけることが必要です。
ウェットフードよりはドライフードの方が、固さがあるため、噛めば噛むほどブラッシングの効果を生み出します。
デンタルケア用として販売されているキャットフードを活用することで、より歯石や歯垢がつきにくくなります。

4.デンタルケア用キャットフードの特徴

デンタルケア用のキャットフードには、複数回噛み砕いてブラッシング効果を増加させることができるように、粒が大きく、食物繊維が含まれているということが特徴です。
また、噛み砕いたあとの形状が、より摩擦で歯を擦りやすいように、特殊な形をしていることが多いです。
さらに、歯垢の再付着を防ぐ成分ポリリン酸ナトリウムや、歯周病や歯肉炎を予防する成分ビタミンE・ビタミンCなどの成分が配合されているフードもあります。
デンタルケアは毎日行うべきことなので、なるべく継続して与えることが大切です。
ドライタイプ以外に、カルシウムが配合されたジャーキータイプや、歯を清潔に保つクロロフィル入りのチップスタイプなど、様々な種類があるので、毎日の食事にプラスして与えると良いでしょう。

5.デンタルケア用キャットフードを与えるときに注意すること

ドライフードタイプのデンタルケア用キャットフードを与えるとき、シニア猫にそのまま与えてしまうと、硬すぎるので注意が必要です。
歯が欠けてしまう可能性があることや、噛み砕けずに丸呑みしてしまい、喉に詰まらせてしまうという危険もあります。
少し割って与えてみるなどして、様子を見てください。

おすすめコラム一覧Related column