血便があるときに与えるキャットフードについて

1.猫の血便について

猫の便に、血が付いていた場合に考えられる原因として、食べたものによる腸などの消化器官の損傷、肛門の出血などの可能性があります。
他に、病気による出血も考えられます。
血便を招くことが考えられる猫の病気は、トキソプラズマ、猫パルポウィルス、胃腸炎、熱中症、エイズや白血病による血小板減少症など、様々なことが考えられます。
早めに病院へ連れて行くようにしましょう。

2.便の色である程度判別できる

猫の健康な便は、茶色です。
ですが、血便により、赤い色や黒い色など、普段とは異なる色になることがあります。
猫の異変に気づく重要なサインでもあるので、普段から便の色や匂いを観察し、異変に気付けるように心がけましょう。

・茶色で鉄くさい場合は、血が混ざっている可能性があります。
・黒色の場合、口や胃、小腸から出血している可能性もあります。
排便から時間が経っており、乾燥して黒く見えている場合はこれに限りません。
・下痢や軟便に血が混ざり、赤くなっている場合は細菌やストレスによる胃腸炎や腸にできた腫瘍、寄生虫、異物の誤飲などが考えられます。
・便の表面だけに血が付いている場合は、排便時に肛門から出血した可能性があります。

3.キャットフードが原因となる血便について

3-1.腸壁が傷ついて出血する

キャットフードを食べたときの消化不良が原因になることがあります。
例えば、繊維質が多いキャットフードや、大きくて固いフードなどをあまり噛まずに飲みこんでしまった場合、食べて排泄させるまでの過程で腸に傷がつき、出血することが考えられます。

3-2.アレルギーで腸内から出血する

食物によるアレルギー性胃腸炎が原因で、主な症状のおう吐や軟便と併せて血便がみられることがあります。

3-3.異物の誤飲

食べものと間違えて、消化できない物を飲みこんでしまうこともあります。
排泄されるまでの過程で体内を傷つけてしまうことが原因になります。

3-4.肛門の裂傷

猫にも痔のような症状がでる可能性があります。
慢性的な下痢が続くことで起こる肛門嚢炎や、便秘によって便が固くなり、肛門から出血することがあります。

4.どんなキャットフードを与えると良い?

繊維質が少なく、腸や内臓に負担を与えないキャットフードに切り替えてみましょう。
高タンパク質で高脂質の消化によいキャットフードがおすすめです。
他には、なるべく消化に優しい粒が小さいフードや、ウェットタイプのキャットフードに変えて様子をみても良いでしょう。
アレルギーが原因の場合は、アレルゲンとなる食材を見きわめて除去する事が必要になりますが、食事を変えて様子をみるという方法で長期的に試す必要があります。
病気が原因の場合は、病状によって対処法が異なるため、少しでも迷ったら、獣医師の診断を仰ぎましょう。

おすすめコラム一覧Related column