下痢をした猫のためのキャットフード

1.猫の下痢の原因とは?

猫が下痢をする原因には様々なものがあります。
キャットフードに対するアレルギー、食べ過ぎ、食あたりなどの食事が原因となるものや、化学薬品や医薬品、猫砂や金属類といった異物の誤飲によるもの、さらには環境の変化や寂しさといったストレスからも下痢を引き起こす可能性もあります。
他に、外を自由に出入りできる猫に多いウイルス感染や寄生虫、リンパ腫などの病気が原因の場合もあります。
長引く下痢や、他に嘔吐や発熱などいつもと様子が違うと感じた場合は、すぐに動物病院に連れていきましょう。

2.下痢が治まらないときの注意点

下痢とは、便に水分が多く含まれた状態のことです。
そのため、排泄時に通常よりも多くの水分が体の外にでていってしまうので、脱水症状にならないよう特に気をつける必要があります。
そのためにはまず新鮮な常温の水を用意しておき、普段ドライタイプのキャットフードを与えている場合は、水やお湯でふやかしたフードを与えて食事に水分を増やしてみても良いでしょう。
また、下痢の原因を特定することは素人では難しいため、1日の便の回数、色や匂い、普段と異なる猫の様子などを観察し、専門の獣医師に診てもらいましょう。

3.下痢気味の猫におすすめのキャットフードとは?

食事が原因の下痢の場合、キャットフードを猫に合ったものに変えることが改善のカギとなります。
例えば、キャットフードを変えて下痢をするようになった場合、もとに戻してみましょう。
また、リーズナブルなキャットフードには、穀物が多く含まれているものが多いようです。
猫は本来肉食で、穀物の消化酵素を多くもたないため、消化不良を起こしやすい体質です。
キャットフードの原材料を確認し、肉や魚が多く配合されているものを選んでみましょう。
軟便には食物繊維をとることも大切ですが、肉食である猫はそもそも腸が短いため、大量に野菜を食べる必要はありません。

どんなに高級で猫のために研究されたキャットフードであっても、猫の体質によってフードとの相性があります。
急に食べ慣れないものを与えることで腸内細菌のバランスがくずれ、胃腸が過剰に反応して下痢や嘔吐を引き起こすことも考えられます。
キャットフードを変える場合は、いきなりすべてを変えるのではなく、これまでのフードに新しいフードを混ぜて、徐々に新しいものを増やすようにしましょう。
また、フードに含まれる成分がアレルギーを引き起こしているということも考えられます。
飼っている猫と相性のいいフードを見つけるためには、根気よく猫の健康状態を観察することが大切です。

おすすめコラム一覧Related column