ドライキャットフードにはたっぷりのお水と一緒に与えよう

1.ドライフードの水分量

カビの発生や品質の劣化を防ぐため、ドライタイプのキャットフードには、最大でも水分が約12%しか含まれておらず、多くのものが水分10%以下におさえているものが多いです。
それと比べて、ウェットタイプのキャットフードには約75%以上の水分が含まれているので、食事からの水分摂取量に大きな差があります。
そのため、ドライタイプのキャットフードを与えるときは、たっぷりの新鮮なお水と一緒に与えるようにしましょう。

2.猫の1日の水分摂取量の目安は

猫の1日の水分摂取量の目安は、体重1kgに対して40~50mlとされています。
そもそも猫はあまり水分をとる動物ではありません。
というのも、猫の祖先は砂漠で暮らしていたため、水分を保持するために腎臓で尿を凝縮し、排泄される尿の量が少なくなるように進化したといわれています。
このため猫のからだは腎臓に負担がかかりやすく、腎不全などの病気になりやすいといわれています。
腎臓の負担を軽減するためにも、水分の摂取は欠かせません。

3.ミネラルウォーターは猫にあげてもよい?

人と同じように、人工的に塩素で浄水された水道水よりはミネラルウォーターの方が体によさそうと思っている人も多いのではないでしょうか。
ですが、人と猫はからだの構造が異なります。
マグネシウムなどのミネラルを多く含む水を与え続けると、腎臓に負担がかかるだけでなく、結石ができやすくなってしまうなど、少なからず健康に悪影響を与えてしまいます。
このため、猫に与えるお水は、水道水で十分と考えられます。
猫は冷たいものや熱いものが苦手なので、常温の水道水をあげるようにしましょう。

4.水を入れるお皿は清潔にしよう

基本的に、猫はとってもきれい好きです。
猫の性格や習慣にもよりますが、お水を入れるお皿が汚れていたり、時間が経ったりしたお水は飲まないことがあります。
お水を入れるお皿は最低でも1日1回洗うようにしましょう。
また、食後のタイミングでお水を飲む猫が多いといわれているので、あまりお水を飲まない猫には、ご飯を与えるときに、一緒に新鮮なお水をたっぷりと用意してください。

5.普段と違う行動には要注意

老齢の猫は、腎機能が低下するため、たくさんのお水を飲むことがあります。
ですが、若い猫が大量の水を飲んでいた場合、腎臓病やウイルス感染症などの病気にかかっている可能性も考えられます。
重大な病気であっても、初期であれば、症状の抑制や治療が可能なことがあります。

何かあった時はすぐ獣医師に診てもらうためにも、いつもと異なる様子に気が付けるように普段からご飯の様子や飲んでいる水の量などを観察しましょう。

おすすめコラム一覧Related column