ドライキャットフードの選び方

1.主食として必要なドライキャットフード

必要な栄養がバランスよく配合された総合栄養食であるドライフードは、毎日の主食として必要なキャットフードです。
水分を10%以下に抑えたカリカリタイプと呼ばれるキャットフードで、ウェットフードと比べてカビや雑菌が繁殖しづらいことが特徴です。
味や容量、栄養など、メーカーによって様々なタイプが販売されており、便秘予防に良い食物繊維入りや、ダイエット用、デンタルケア用など、病気を予防する目的のフードや、病気を治療する目的で作られた療養食などもあります。

2.猫の健康状態で選ぶ

猫の体は小さく、食生活や生活環境、加齢や先天性の理由などから様々な病気にかかりやすいです。
水をあまり飲まないことが多い猫は腎臓や心臓に負担がかかりやすいため、病気が見つかった場合は病院での治療と並行して食事療法が必要です。
ですが、療養食は各病気の猫に特化したフードなので、個人での判断は避け、まずは獣医師へ相談するようにしましょう。

3.選ぶときにチェックすること

3-1.パッケージ表記

国内で発売されているペットフードには、どんなフードなのか詳細をパッケージへ表記することがペットフード安全法により義務付けられています。
キャットフードを選ぶときは、必ず確認しましょう。
猫は年齢によって、必要な栄養量が変わるため、飼っている猫の年齢に合わせたフードを選びましょう。
仔猫用やシニア猫用、全年齢用などと記載されています。

3-2.原材料

パッケージには、使用している原材料や添加物などが基本的に全て記載されています。
配合された量が多い順番で記載されているので、主な原材料が何か知ることができます。
商品によっては、穀類がメインのキャットフードも多くありますが、本来猫が必要とする質の良いタンパク質は、肉や魚などの動物性タンパク質であることが理想的です。

3-3.原産国

原産国も安全な商品を選ぶための参考になります。
ヨーロッパ産の製品は、ペットフードの安全に対する管理や体制を徹底しているので、安全で品質が良いキャットフードが多いです。

3-4.内容量と賞味期限

ドライキャットフードには、ひとつの袋に大容量のペレット(粒)がまとめて入っている商品があります。
量販店やインターネットでは、まとめ買いでお得に購入できることがあります。
未開封のドライフードの場合、賞味期限は1年程の商品がありますが、開封後は1ヵ月が目安です。
賞味期限内であっても酸化や劣化が進むため、無理に食べさせると猫が体調を崩してしまう可能性もあります。
コストも大切ですが、期限内に食べきれる量を購入するようにしましょう。

おすすめコラム一覧Related column