ドライキャットフードとウェットキャットフードはどちらが良い?

1.ドライフードとウェットフードで迷ったら

1-1.必要な栄養で比較する

キャットフードには大きく分けて、総合栄養食と一般食があります。
他にも病気治療用の療養食や栄養補完食などもありますが、まず、猫の主食として必要なのは総合栄養食です。
総合栄養食はドライフードに多く、ウェットキャットフードのほとんどは一般食であることが多いです。
ドライフードはいわゆるカリカリと呼ばれる総合栄養食で、適量を与えることで猫が健康に過ごすための栄養がすべてまかなえるように作られています。
総合栄養食かどうかはパッケージに必ず記載されているので確認しましょう。
一般食は、栄養を補完する目的や、おやつとして与える他に、総合栄養食であるドライフードの嗜好性を高めるために利用できます。

1-2.ライフステージや健康状態によって選ぶ

猫の健康は食餌によって保たれています。
年齢や健康状態によってフードを切り替えることも必要です。
小さい頃からドライフードもウェットフードも、どちらも食べられるようにしておくことで、病気治療のための療養食もすんなりと食べる可能性があります。
高齢の猫は、固いドライフードを食べることが苦手になることもあるので、その場合はウェットフードを利用すると良いでしょう。

1-3.水分含有量に注目

水分含有量が75%を超えるウェットフードは、水分補給に最適です。
水分をあまり摂らない猫は、腎臓に負担がかかりやすく、結石ができやすい体質です。
水分含有量が10%以下のドライフードでも、水をしっかり飲むようであれば問題はありません。
ドライフードをお湯にふやかして水分を与えるという方法や、ウェットフードをドライフードに混ぜて与えるという方法もあるので、猫の好みによって与え方にも工夫してみましょう。

1-4.飼い主の生活スタイルによって選ぶ

一人暮らしの方や共働きの方など、家を留守にすることが多い方には、ドライキャットフードの場合は置き餌ができます。
タイマーで給餌される自動給餌器などの製品もあるので、利用してみても良いでしょう。
ウェットフードの場合は水分が多いため、酸化や乾燥による味の変化が、気温の高い夏場などは腐敗や雑菌の繁殖がしやすくなるため、置き餌には不向きです。

1-5.猫の嗜好性によって選ぶ

猫の好みも個体差があり、ドライフードのカリカリな食感を好む猫や、ウェットフードのしっとりした食感を好む猫など、こだわりがある猫も多いです。
ウェットフードには、嗜好性を高めた製品が多いため、味や匂いの種類も豊富な上、水分が多いため匂いが強く、猫の食欲をそそります。
ドライキャットフードの中にも、小分けされて様々な味つけがされたフードが入ったタイプや、粒の大きさが工夫されたタイプなどがあります。

おすすめコラム一覧Related column