グレインフリーキャットフード

1.グレインフリーとは

最近はグレインフリー(穀類不使用)のキャットフードが多く販売され、注目を集めています。
猫は肉食のため、穀類の消化は得意ではありません。
そのため、穀類が多く含まれているキャットフードでは、消化に時間がかかり、すい臓や腸など体内の様々な器官に負担をかけてしまいます。
そのため、穀類を使用していないグレインフリーのフードは猫にとって消化吸収に優れたキャットフードと言われています。

2.グレインフリーのメリット

トウモロコシや麦などの穀類は、アレルギーの原因になりやすいとされているため、グレインフリーのキャットフードは、アレルギー予防にも良いとされています。
また、穀類が多いキャットフードでは、消化がスムーズにいかずに、便秘や下痢などを起こしていた猫に与えると、解消する可能性があります。
穀類などの炭水化物は糖質を多く含むため、穀類が多いフードの過剰摂取は肥満を招きます。
グレインフリーのフードは、高タンパク質・高脂質な栄養バランスなおかげで、少量で適切な栄養を与えることができ、満足感も得られます。
食べ過ぎを防ぐことで肥満予防にも効果があります。
消化・吸収に優れ、適切な栄養を得ることができるため、免疫力アップにもつながります。
他にも穀類が原因となるかび毒による健康被害のリスクが軽減されます。

3.グレインフリーのキャットフードで注意すること

パッケージにグレインフリーと記載があっても、穀類は使わずに、豆や芋を多く使っている商品もあります。
体に悪い食材ではありませんが、植物性のタンパク質を中心に与えることは、猫にとってあまり良くないので、メインは肉や魚などの動物性のタンパク質が補えるフードを選ぶことが大切です。
グレインフリーキャットフードの多くは外国産のフードが多いためコストが高く、毎日与えるとなると、経済的な負担が増します。
価格が安いグレインフリーのキャットフードは、植物性タンパク質が多いため、原材料を確認してみましょう。
また、腎機能に疾患のある猫や、7歳以上のシニア猫には、高タンパクのフードは腎臓に負担を与えてしまうため、注意が必要です。
事前に獣医師のアドバイスをうけるようにしましょう。
穀類は猫に全く与えてはいけない食材なのかといえば、そうではありません。
便秘気味の猫には、食物繊維を含んだキャットフードは便秘解消に役立ちます。
また、穀類が含まれるキャットフードを継続して食べても何も問題がないという猫もいます。
小分けにされたお試し用のフードは数多くあるので、猫に合ったフードを探してみましょう。

おすすめコラム一覧Related column