キャットフード以外におやつを与えて良い?

1.猫のおやつとは

キャットフードは、主食となる総合栄養食と、副食(一般食)・おやつに分けられます。
それだけで猫が健康を維持するための栄養が補える総合栄養食とは異なり、副食やおやつの場合、単体では十分な栄養をすべて補うことができません。
嗜好性を高めるために効果的で、食欲増進や栄養をプラスする目的などでも利用されます。

2.おやつの種類

おやつとして発売されている商品には、様々なタイプがあります。
毛玉ケアや食物繊維入りなど、猫の健康維持のためのおやつも充実しています。
猫用のおやつは、ドライフードや療養食で食いつきが悪いときに、トッピングすることで食べてくれることがあるので、試してみても良いでしょう。

2-1.ビスケットやクッキーなどのドライスナック

手軽に上げられるおやつとして人気のドライスナックは、嗜好性を高めるために魚粉やチーズ、粉末の野菜が練りこまれた商品などがあります。
水分が不足しがちになるため、新鮮なお水も用意してあげましょう。

2-2.ペーストや液状、スープタイプのウェットスナック

水分を多く含むおやつの場合、匂いや味にこだわった商品が多くあります。
嗜好性がとても高いため、癖になりやすいとも言えます。
1回分がパッケージされている商品を時々与えるのであれば、カロリーや栄養の摂りすぎの心配はあまりありませんが、おねだりされるたびに与えてしまわないように気をつける必要があります。
主食のトッピングやアレンジに利用しやすいため、食欲が落ちたときなどに活用してみても良いでしょう。

2-3.ガム

ガムタイプのおやつは、歯磨き効果があるのでおすすめです。
歯周病の予防も期待できるので、特に普段ウェットタイプのキャットフードを与えている方は、上手に取り入れてみましょう。

2-4.ジャーキーやフリーズドライ

鶏肉などをジャーキーやフリーズドライにしたおやつです。
タンパク質やミネラルの過剰摂取にならないようにしましょう。

2-5.煮干し

匂いが強く猫が好むため、人間用のものを手軽に与えてしまいがちですが、塩分やミネラルの摂りすぎにより、尿路結石や腎疾患を招くことにつながりかねません。
塩分が抑えられた猫用の煮干しも存在しますが、与えすぎには注意しましょう。

3.おやつを与えるときに気をつけること

嗜好性が高いことが特徴のため、頻繁に与えることで主食のキャットフードをあまり食べなくなる可能性もあります。
また、欲しがるからといっていつも与えていては、カロリーオーバーや栄養が偏る原因になるので注意が必要です。
おやつは毎日与えずに、しつけのご褒美やコミュニケーションの手段として活用することで、猫とのより良い関係を築くことができるでしょう。

おすすめコラム一覧Related column