キャットフードを与える時はどこに置く?

1.食事の場所に気を配ろう

1-1.キャットフードを与える場所はどこが良い?

猫の食事をする場所として、まずキッチンは避けましょう。
猫にとって危険な道具や調理器具が多く、猫が誤って口にしてはいけない食材を食べてしまう危険もあります。
他にも注意が必要な部分は、家と外の出入りが自由な猫の場合、必ず屋内で与えるようにすることです。
野良猫が集まりやすくなり、横取りされてしまう可能性があります。
他にもカラスや虫も集まるなど、外敵が多いと落ち着いて食事をすることができません。
猫は本能的に、他の動物や人が多い場所では餌を奪われないために周囲に気を配り、落ち着かないため、仕切りや部屋の隅を使って落ち着いた環境を作ってあげても良いでしょう。

1-2.多頭飼いの場合

多頭飼いをしていて、猫によってフードを変えている場合は、横取りなどにより食べさせたい猫に栄養が行き渡らない可能性があります。
若くて元気な猫が他の猫分を食べてしまい肥満になったり、シニアや子猫などは必要な栄養を十分に補えなくなったりします。
複数の猫にご飯を与えるときは、猫同士のお皿を離し、時間をずらして与えるなどの調整をするようにしましょう。

1-3.静かで落ち着く環境を

猫はとてもデリケートな動物です。
落ち着いた環境を好み、大きな音や強いにおいがあると、食欲が減退していますこともあります。
猫が落ち着いて食事のできる場所を探してあげましょう。
また、気温の高い場所ではキャットフードが痛んでしまうため、なるべく直射日光のあたらない涼しい所に置くようにします。

2.キャットフードの置き方

2-1.猫の食事を観察しよう

キャットフードは、ひげが邪魔にならずに、中身が飛び散らないような縁が適度にあるお皿で与えましょう。
ある程度の重量感があって、安定するお皿の方が食べやすくなります。
ただし子猫は平らな場所では上手に食べることができないことがあり、老猫も、加齢や病気で首を下げて食べることができないことがあるため、5~10センチの高さの台やテーブルに並べて食べやすくしてあげるとよいでしょう。
ホームセンターなどで、ペット用の食器台が売られているので、活用してみましょう。

2-2.置き餌はやめましょう

キャットフードを長時間置くことで、酸化や乾燥により匂いが減少してしまい、猫が食欲を感じにくくなることがあります。
仕事などで留守が多い場合は、タイマーで適量のフードを与えることができる、自動給餌器を使うと良いでしょう。
他にも、水を猫が飲むだけ補給してくれる自動給水器もあるので便利です。
このような道具を利用する場合、最初のうちは音や動きに慣れないことが多いので、時間をかけて慣らしていくようにしましょう。

おすすめコラム一覧Related column