キャットフードを変えて咳が出やすくなったら

1.猫がする咳とは

猫が咳をする原因にはいくつかありますが、異物を吐き出そうとする咳や、ウイルスや病気による咳が考えられます。
咳をする状態を観察し、原因を特定することが大切です。
咳が一時的ではなく慢性化するようであれば、なるべく早く病院へ連れて行くようにしましょう。

1-1.異物が原因の咳

ホコリやダニなどのハウスダストを吸い込んでしまった場合や、食べ物の誤嚥などが原因で、猫も人間と同じように咳をします。
鼻に異物が入っていたり違和感があったりするために出る咳は、下を向いてフンフンと鼻を鳴らす素振りが見られます。
また、喉に違和感がある場合は、ケホケホと舌を出して咳をすることがあります。
一時的な咳ではありますが、ハウスダストが原因の場合は、室内の掃除や換気をこまめにすることが必要です。

1-2.病気が原因の咳

咳の原因となる病気には、様々な種類があります。
咳が出るときにゼーゼーやヒーヒーなどの苦しそうな音が聞こえる場合に注意が必要です。
具体的には、喘息や気管支炎、咽頭炎、心筋症、毛球症、肺炎、悪性リンパ腫、トキソプラズマ症といった様々な病名が挙げられます。
苦しそうな咳や呼吸が見られる他に、食欲不振や嘔吐、体重の減少や元気がなくなるなど、普段とは異なる状態になります。
早めに異変に気付いてあげて、すぐに病院へ連れて行きましょう。

1-3.猫にみられる逆くしゃみ

猫や小型犬種によくみられる逆くしゃみは、発作性の呼吸のことです。
通常のくしゃみは鼻から空気が出て聞きますが、逆くしゃみはその反対に、空気を吸い込むことで起こります。
アレルギーや乾燥などが原因と考えられますが、一時的な症状のため心配はありません。
ただし、症状が頻発する場合や、普段と異なる様子であれば、病気の可能性もあります。

2.キャットフードを変えて咳がでるようになったら

キャットフードを変えて咳が出始めたのであれば、アレルギー性の気管支炎も疑われます。
この場合は、一時的に元のフードに戻し、様子を観察しましょう。
咳が治まるようであれば、新しいフードに含まれる原材料にアレルゲンとなる物質が含まれている可能性があります。
他にも、毛球症が原因の咳の場合は、適度な食物繊維が含まれるキャットフードなど、毛球症対策用のフードを与えることも効果的です。
ウイルス感染による咳は、体の免疫力が低下することで起こることがあります。
免疫力の低下は、加齢や栄養の偏りが影響するため、猫のライフステージに合わせたバランスのよい栄養を十分に補える食事を与えるようにしましょう。

おすすめコラム一覧Related column