キャットフードを変えてやせてしまったら

1.キャットフードの影響で痩せる理由

1-1.量やカロリーが少ない

メーカーによって、一粒のカロリーは異なります。
一日に必要なカロリーをしっかりと与えることができるように、目分量で与えるのではなく、キャットフードのパッケージに記載されている給餌量の目安に従って、キャットフードを与える必要があります。

1-2.総合栄養食ではないフードに変えてしまった

キャットフードには、猫が1日に必要な栄養素がバランス良く配合された総合栄養食と、そうではない副食やおやつなどの商品があります。
副食のみ与えていては、必要な栄養が足りないため痩せてしまうという事が考えられます。
総合栄養食であることは、パッケージに必ず記載されているため、購入時に必ず確認するようにしましょう。

1-3.匂いや味が好みではなくなり食べなくなる

猫には食べ慣れない食べ物を口にしないという習性があるので、普段とは異なるキャットフードに突然変えると、食べないことがあります。
また、ストレスや消化器官に負担を与えることにもつながるため、フードを変える時は、これまでのフードに少しずつ混ぜて徐々に比率を増やすなど、時間をかけて新しいフードに慣れさせる必要があります。
キャットフードのメーカーを変えるのであれば、匂いや原材料が似たフードに変えることで、上手く切り替えることができる可能性があります。

1-4.ライフステージに合っていない

成長期や妊娠、授乳期、高齢期など、ライフステージによって必要な栄養素やカロリーは異なります。
全年齢対応のキャットフードもありますが、そうでなければ年齢に合わせたキャットフードを与えるようにしましょう。

1-5.消化不良をおこしている

キャットフードに消化されにくい原材料や、アレルギーの原因になるような物質が使われていることで、効率良く消化されず、必要な栄養素が体に吸収されないことが考えられます。
例えば、麦やトウモロコシなどの穀類が多く使用されているキャットフードは、猫にとってあまり消化に良い食材とはいえないため、なるべく肉や魚の配合が高いキャットフードを与えてみましょう。
パッケージに記載されている原材料は、配合の多い順番に記載されています。
購入する前に確認するようにしましょう。

2.キャットフードが原因でないこともある

糖尿病や甲状腺機能亢進症などの病気の場合、ご飯を食べても痩せてしまうことがあります。
他にも、猫の消化器官に異常がある場合や、虫歯や歯周病が原因で固いキャットフードを食べることができないということ考えられます。
原因がわからない場合は、元のキャットフードに戻してみましょう。
体重が戻るようであれば、キャットフードの与え方や選んだフードに原因があることが考えれますが、そうでない場合は他の原因が考えられるため、動物病院へ連れていきましょう。

おすすめコラム一覧Related column