キャットフードを変えてアレルギーが出た場合

1.猫のアレルギー反応

キャットフードに含まれる成分に、その猫にとってのアレルギー物質が含まれていると、様々な症状を引き起こします。
アレルギーはタンパク質に対して、体の免疫システムが過剰に反応することでおこります。
アレルギーの症状が出ていることに飼い主が気づかずに同じキャットフードを与え続けていると、症状が悪化してしまいます。
食後の様子や健康状態は常に観察し、異変があった時すぐに気づいてあげられるようにしましょう。

1-1.食物アレルギーでおこる症状

胃や腸が炎症を起こし、下痢やおう吐がみられます。
また、皮膚に強い痒みをともなう炎症を起こします。
その結果、脱毛したり引っかき傷ができたりしてしまいます。
傷が化膿してしまうと、膿皮症(のうひしょう)にかかることもあります。

2.対処方法は?

アレルゲンを特定し、猫に与えないことが何より大切ですが、簡単ではありません。
人の場合は血液検査でアレルゲンを調べることは簡単ですが、猫の場合はあまり高い精度が期待できないことが現状のようです。
キャットフードを変えてアレルギーがでた場合新しいキャットフードの原材料に、アレルゲンがあったと考えられるため、すぐに元のフードに戻しましょう。
元のフードに戻せない状況の場合、これまでに食べさせたことのないキャットフードに変えると症状が出なくなる可能性があります。
複数の原料を使われているキャットフードは、どれがアレルゲンに該当するかがわからないため、なるべく少ない種類の原料が使われているキャットフードを選びましょう。
特定の食物を除いたフードを一定期間与え、アレルギー症状が回復するかを調べる方法を「除去食試験」といいますが、アレルギー反応の回復を確かめるには1カ月~4カ月程かかる場合もあります。

3.アレルギーを起こしにくいフードとは?

どの原料がアレルギーを起こすかは、猫によります。
肉類や魚類、穀類など、タンパク質を含む原料はすべてアレルゲンになる可能性あるため、猫がこれまで食べたことのない原料に変えると良いでしょう。
鹿肉や七面鳥、アヒル肉、サーモン、ニシン、米など、キャットフードには様々な原料で作れたプレミアムフードも多く作られているので、試してみても良いでしょう。
また、添加物に反応していることもあるので、添加物不使用のキャットフードもおすすめです。
アレルギー症状は回復にも時間がかかり、アレルゲンを特定することは難しいため、根気強く猫の食事と健康状態を管理して付き合っていく心構えが必要になります。

おすすめコラム一覧Related column