キャットフードを選ぶときはカロリーに気をつけよう

1.猫に必要な1日のカロリー量とは?

キャットフードのパッケージには、体重別に目安の給餌量が記載されています。
ですが、この目安量は、あくまでスリムなベスト体重の猫で考えられたものです。
痩せた猫がその体重を基準にしたフードしか与えられなければ痩せたまま、逆に肥満の猫がその体重を目安にしたフードを毎回与えられていては、ますます体重が増加していくことが考えられます。

猫が健康に生きていくためには、一定のカロリーを毎日補給する必要があります。
このカロリーのことを「一日当たりのエネルギー要求量(DER)」といいます。
このDERは、「猫の安静時エネルギー要求量(RER)」×エネルギー係数という公式で求めることができます。

RERは、健常な動物が適切な環境で休息している状態の必要カロリーで、「代謝重量」(体重の0.75乗)に70(Kcal)を掛けることで計算できます。
例えば、体重2kg=118Kcal、3kg=160kcal、4kg=198kcal、5kg=234kcal、6kg=268Kcal、7kg=301Kcalとなります。
このRERに猫のエネルギー係数をかけることで、1日に必要なエネルギー量が計算できます。
エネルギー係数は、以下のように、猫のライフステージ別に設定されています。

猫のエネルギー係数
・1歳以上の成猫=1.4
・活動的な猫=1.6
・肥満傾向の猫=1.0
・ダイエット中の猫=0.8
・増量中の猫=1.2~1.4
・成長期の猫=2.5
・老猫=1.1~1.6

以上の計算式により、一日に必要なカロリーの推定量が割り出されますが、個体差や健康状態などにより、ケースはそれぞれ異なります。
推定量のキャットフードを与えてみて、体重や健康状態を見守り、太ってきたり痩せてきたりした場合は都度調整して、適正量を見極めてみましょう。

2.キャットフードを与える回数について

大人の猫の場合、1日1~2回の食事回数が目安になります。
1日に必要なカロリー分のキャットフードを算出したら、その分量を1日の食事回数分にわけて与えるようにしましょう。
生後7か月までの子猫の場合は1回の食事量が少なく、消化機能もあまり優れていないため、一日3~4回に分けて、柔らかくふやかしたドライフードを与えるようにします。
成長期の子猫の方が必要なカロリーが高いため、なるべく質の良い子猫用のキャットフードを複数回に分けて与えます。
ダイエット中の猫であれば、目安のカロリーから若干少なくした量を、太らせたい猫には、少し多めに与えるなど、猫の状態に合わせて都度調整しましょう。

おすすめコラム一覧Related column