キャットフードが切れた時は何を与えると良い?

1.猫にあげるご飯がないときは手作りしましょう

キャットフードをうっかり切らしてしまった時や、なくなってしまったけれど買いに行けないときは、家にある人間用の食材を使い、猫のためにご飯を手作りしましょう。

2.人間の食事との違い

猫と人間の食事は違います。
特に重要なことは、塩分に気をつけることと、食べてはいけない食材を知っておくことです。
塩分を摂りすぎると腎臓に負担をかけるため、塩はもちろん、醤油や味噌など人間用の調味料を使わないようにします。
他にも人間用の加工食品には、塩分や添加物、脂肪分、糖分が多く含まれた食品があるため猫には適しません。

3.猫が食べてはいけない食材

猫には、食べさせてはいけない食材が沢山あります。
以下で紹介する食材は一例ですが、特に猫に与えないように注意が必要です。
間違えて食べてしまった場合や、食後に猫の様子に異変が見られたときは、すぐに病院へ連れて行くようにしましょう。

3-1.ネギ類

タマネギやネギ、ニラ、ニンニク、らっきょうなどに含まれる「アリルプロピルジスルフィド」という成分は、猫の赤血球を破壊します。
いわゆるタマネギ中毒と呼ばれる症状です。
食後数時間から半日後くらいから、下痢やおう吐、溶結性貧血や血尿などの症状がみられます。

3-2.カカオ

チョコレートやココア、コーラやお茶にも含まれるカカオ成分には、デオブロミンという興奮作用のある物質を含みます。
食べ過ぎることによって、血圧上昇や痙攣、嘔吐、心不全などを起こすこともあります。

3-3.アワビ・サザエなどの内臓

アワビの中腸線などに含まれる「ピロフェオホルバイド」を食べることで、光過敏症(日光アレルギー)を発症する可能性があります。
光を浴びることで皮膚が炎症を起こし、毛の薄い耳を掻いてボロボロになることから、「猫がアワビを食べると耳が落ちる」と昔から言い伝えられています。

3-4.生の豚肉

生の豚肉を食べることで「トキソプラズマ」という病原性原虫に感染する可能性があります。
視覚障害や下痢などの症状が現れることがあります。
代表的な人畜共通感染症の一つで、猫の糞を介して人の妊婦に感染することで、胎児に先天性のトキソプラズマ症を発症させる恐れがあります。
加熱処理で防げるので、しっかりと火を通すことが大切です。

3-5.生の魚介類、イカ、タコなど

貝類や甲殻類に含まれるチアミン(ビタミンB1)を分解する酵素のチアミナーゼを多く含むため、過剰に摂取することで、チアミン(ビタミンB1)欠乏症を招く可能性があります。
食欲低下や成長不良、運動機能障害を発症することがあります。

4.ドッグフードを与えてよい?

猫と犬では、必要な栄養素が異なります。
特に、猫の健康に欠かせないアミノ酸「タウリン」がドッグフードに配合されていないため、継続してドッグフードを食べさせるとタウリン欠乏症を招いてしまいます。
キャットフードがなくなって1食程度であれば問題はありませんが、猫には猫用のフードを与えることが、健康維持のために必要です。

おすすめコラム一覧Related column