キャットフードを小分けすることのメリット

1.ドライキャットフードは開封後すぐに小分けしよう

ドライキャットフードには、あらかじめ少量ずつ小分けされたタイプもありますが、多くのフードは大袋に粒がそのまま入っています。
開封後のドライフードの賞味期限は1カ月程なので、新鮮な品質で長持ちさせるために、別の容器に小分けして保存することをおすすめします。
大容量のフードが入る容器に保存してしまうと、猫に与えるたびに蓋を開けることで空気に触れ、フードの酸化が進みます。
小分けする容器は、真空状態が作れるジッパー付きの袋や、小さめのタッパーが便利です。
ハンドルで真空状態が作れる容器などもあるので、利用してもよいでしょう。
小分けしたときは、賞味期限と開封日を書いたシールを貼ることで、期限切れのキャットフードを食べさせてしまうリスクがなくなります。

2.小分けするメリットとは?

2-1.酸化を防いで鮮度を保つ

キャットフードを小分けする大きな理由は、湿気から守ったり酸化や害虫などを防いだりするためです。
キャットフードが酸化などで劣化すると、匂いや味が変わるため食いつきが悪くなるだけでなく、痛んだキャットフードを猫が食べてしまうと、消化不良を起こし、嘔吐や下痢の症状が現れることもあります。
なるべく新鮮なフードを与えるために、開封後はすぐに小分けして、湿度が低く直射日光の当たらない冷暗所で保管しましょう。
温度や湿度の変化が気になる場合は、冷凍保存しても良いでしょう。

2-2.計量の手間を省いて楽に餌やりを

猫は、体重や健康状態によって必要なカロリーが異なります。
目分量で与えてしまうと、肥満や栄養不足を招きかねません。
必要な栄養をしっかり与えて健康で長生きしてもらうために、しっかり計測した量を与えることが大切です。
ドライフードの開封時にまとめて小分けし、フードストッカーなどで保存すると良いでしょう。
1日分ずつ小分けすると、軽量の手間が省けるため便利です。

3.便利なグッズも活用しよう

小分けすることが手間な場合、ペット用のフードディスペンサーが便利です。
密閉されるフードタンクにドライフードを入れて、ハンドルを回して一定量取り出せる商品や、スマートフォンと連携してタイマーで自動給餌するタイプもあります。
カメラやマイクが付いたタイプもあり、外出先でもペットの様子が確認できるので安心できます。
フードタンクに脱酸素剤を張り付けると、酸化防止のためにも良いので試してみましょう。

おすすめコラム一覧Related column