キャットフードは冷凍しても良い?

1.酸化防止のために冷凍は良い

キャットフードは、開封すると急速に酸化が進みます。
賞味期限内であっても酸化が進んだフードは風味や品質が劣化してしまい、匂いに敏感な猫にとってあまり美味しそうに見えなくなり、食いつきも悪くなります。
冷凍保存することはキャットフードの酸化を遅らせて新鮮な状態を長く保つために効果的です。

1-1.ドライキャットフードの冷凍

ドライフードは水分が少ないため開封後も比較的長持ちします。
開封後の食味期限は1カ月程度で食べ切ることが理想です。
見た目や人が感じる匂いにはあまり変化が見られませんが、酸化は確実に進んでいます。
また、湿度が高いとカビや虫がつくこともあります。
大容量のドライフードは、ジッパー付きの密閉できる袋に小分けして、鮮度を保つために脱酸素剤を一緒に入れましょう。
冷凍する前に空気を全部抜いて密閉しましょう。
小分け用の袋は、なるべく厚手のものを選びましょう。
あまり薄いと冷凍庫内の匂いを吸収することもあります。
購入時のパッケージに記載されている、製造年月日と開封日を袋に記入しておくと、いつ冷凍したキャットフードなのかわからなくことを防ぎます。

1-2.ウェットキャットフードの冷凍

ウェットキャットフードは、通常食べ切りサイズで売られていますが、食べ残すこともあります。
1食分を与えて食べ残した場合は、もったいないと思わずなるべく捨ててしまいましょう。
食べないことがわかっていれば、事前に分けて、食べる分だけ猫のフードボウルに入れて与えます。
残りは、缶ごとラップをして冷蔵庫で保存し、その日の内に食べ切ることが良いのですが、1日以上保存する場合は冷凍保存をしましょう。
ただし、水分の多いキャットフードは、冷凍することで匂いや味が劣化するので、解凍後の食いつきが悪くなることがあります。

2.冷凍したキャットフードの解凍方法

冷凍したキャットフードは、猫に与える数時間前に冷蔵庫に移して自然解凍させます。
常温で解凍しようとすると、ドライフードでは温度差により結露ができて湿気を含んでしまったり、細菌が繁殖しやすくなったりしてしまいます。
電子レンジで解凍すると時間は短縮できますが、加熱されてしまうので必要な栄養成分が壊れてしまう事もあり、キャットフードの品質そのものが変わってしまうことも考えられます。
低温でじっくり解凍することで、風味もあまり落とさずに解凍できます。
もしあまり時間をかけずに解凍したいのであれば、冷たい水につけて解凍する方法もあります。
夏場は氷水を使用するとよいでしょう。
ただし、フードを入れた袋に水が入らないように注意する必要があります。
また、一度解凍したキャットフードは、その日のうちに食べ切るようにして、再度冷凍しないようにしましょう。

おすすめコラム一覧Related column