キャットフードは冷蔵庫で保管したほうが良いのか

1.ドライキャットフードを冷蔵庫での保管はやめましょう

ドライキャットフードの保管方法は、パッケージを確認すると「高温多湿を避け、直射日光を避けた冷暗所に保存しましょう」と記載されています。
ここで注意が必要ですが、冷暗所は冷蔵庫の事ではありません。
ドライキャットフードを冷蔵庫から出すと、室温との気温差で結露ができてフードが湿気てしまい、カビが付く可能性が高くなります。
さらに水分の少ないドライタイプのキャットフードを開封したまま冷蔵庫に入れてしまうと、冷蔵庫内の湿気や匂いを吸収して変質してしまう可能性もあります。
猫は嗅覚がとても敏感なので、匂いが変わってしまったキャットフードは食べません。
ドライフードの酸化を防ぐために、保存の際はなるべくジッパー付きのビニール袋に脱酸素剤と一緒に小分けにし、日光が当たらず温度に大きな変化のない場所に、常温で保存するようにしましょう。
市販されているフードストッカーを利用すると便利です。

2.ウェットキャットフードの食べ残しは冷蔵庫へ

2-1.できれば食べ切りましょう

未開封のウェットフードは、缶やパウチタイプの密閉容器が多く、常温保存で構いませんが、猫によっては1回の食事量が少なく、1缶食べきれないこともあります。
水分が多いためカビや酸化も進みやすいので、少量の食べ残しであれば一定時間が経過したら廃棄するようにしましょう。
ウェットキャットフードは、食べ残しを保存することを想定して作られていないため、保存料や防腐剤などもあまり使用されていないフードが多くあります。
嗜好性にもこだわった商品が多くあるので、毎回食べ残すようであれば、猫の好みに合っていないことも考えられるので、キャットフードの味やメーカーを変えてみることをおすすめします。

2-2.事前に取り分けて冷蔵庫で保管を

仔猫や老猫など、食が細いことがわかっている場合は、缶から食べる量だけ取り出して、小分けして与え、残った分は冷蔵庫で保管しましょう。
猫が食べ残したお皿ごと保存すると、唾液が付着しているので雑菌が繁殖してしまう可能性があります。
冷蔵庫で保管する場合は、乾燥や酸化を防ぐために缶に少量の水で膜を張ります。
さらにラップを被せて冷蔵庫で保管し、なるべく24時間以内に食べ切りましょう。
1日以上経過したものは、思い切って捨ててください。
与えるときは、冷たいままでは食べないので、冷蔵庫から出して室内に置いて常温に戻します。

3.猫用のおやつもパッケージの記載に従いましょう

ペーストタイプなどの、水分の多いタイプを食べ残した場合は、ラップで密閉して冷蔵庫で保存します。
フリーズドライのささ身やふりかけなど、乾燥したタイプは、ドライキャットフードと同じように、密閉して常温で保存しましょう。

おすすめコラム一覧Related column