キャットフードの味(チキン)

1.キャットフードのチキン味

ドライタイプやウェットフードを問わず、チキン味のキャットフードの種類は多くのメーカーで作られ、猫の食いつきも良い原材料です。
というのも、猫は野生で鳥やネズミを捕まえて食べていたので、味に馴染みがあるためといわれています。
チキンは安価で手に入る原材料のためコストもあまりかかりません。
チキンの食肉部分や、乾燥させて粉末状にしたパウダー、食肉の加工段階でとれた副産物などを使用し、チキン味のキャットフードが作られます。
キャットフードの味には、ささ身味という具体的な記載がされた商品もありますが、ささ身の部分をそのまま使用しているフードや、ささ身を加工してパウダーとして味付けをしているフードもあります。
原材料にチキンのみを使用したキャットフードは、プレミアムフードには多くありますが、一般的なキャットフードでは、チキンと魚肉や穀類など、複数の原材料を混ぜた商品が多くあります。
ウェットタイプのプレミアムフードでは、チキンの食感や風味を生かした製法で、嗜好性や安全性が高いキャットフードが販売されています。
お湯で茹でたささ身は、脂肪が少なく豊富なタンパク質が補えるためおやつやご褒美として与えることがおすすめです。
ただし生肉は寄生虫などが心配されるので、必ず火を通しましょう。
また、人間用の加工肉の製品は塩分や油分といった余計な成分を含むことがあるため、与えないようにしましょう。

2.チキンの栄養

質の良いタンパク質を含み、牛肉と比較すると少ない脂肪分を含みます。
鶏肉はタウリンを含むため、目や心臓の機能を助けます。
皮膚や被毛の健康をたもつ働きがあるビタミンAやビタミンB、亜鉛を含み、免疫力を高めるセレン、健康を維持するための必須アミノ酸のすべての種類を摂ることができます。
猫は生きるための栄養をかぎ分ける力があるため、素材に含まれる栄養素も猫の食いつきに影響することがわかっています。

3.チキンとチキンミールの違い

原材料にチキンと記載されていると、食肉部分を使用しています。
チキンミールは、くず肉や内臓、骨などの人が食べない部分を乾燥・粉砕して混ぜた原材料のことで、豊富なミネラルやカルシウムなどを摂ることができます。
チキンミールに使われた原材料がどんな状態だったのかを確認することは厳しいため、猫の安全や健康を考えて、ミールが使用されたキャットフードを避ける飼い主もいます。
信頼できるメーカーなのか、公開されている情報などで見極めて選ぶことも必要です。

おすすめコラム一覧Related column