キャットフードに使われる添加物(合成着色料)

1.キャットフードに使われる合成着色料とは

着色料には、合成着色料と、天然着色料があります。
合成が危険で天然が安全のような印象を受けがちですが、どちらも摂りすぎてしまうと猫健康を害してしまう恐れがあります。

・合成着色料
合成着色料とは、石油を原料につくられた、赤色、青色、黄色の着色料です。
キャットフードを鮮やかに発色させ、カラフルで美味しそうに見せるために利用されています。
科学的に合成された添加物で、味はなく、安価で発色が強いため、多くのキャットフードで使われています。
・天然着色料
植物や鉱物、動物を原料に作られた自然由来の着色料です。
味に影響を与えます。
クチナシの実から抽出されるクチナシ色素、でんぷん類からとれるカラメル色素などが代表的です。

2.着色料を使うのはなぜ?

猫は、嗅覚からの刺激で食欲を感じとります。
猫にとってキャットフードの色は重要ではありません。
では、なぜ着色料を使用するのでしょうか。
キャットフードの色を鮮やかにする理由は、猫に向けてではなく、飼い主にアピールするためです。
鮮やかな色で見た目が美味しそうな商品は飼い主の購買意欲を煽ります。
また、原材料が同じであっても、産地や時期の違いにより、フードの色味に差がでることがあるため、一定の色になるように着色料で調整することがあります。

3.合成着色料による猫への影響

キャットフードに含まれる着色料による健康への影響は未知の部分が多く、一部の研究機関による大量摂取や、皮膚に濃度の高い着色料を塗る実験などから、以下の症例が考えられるともいわれています。
ですが、一般にキャットフードに添加されている分量であれば、問題はないともいわれています。
・赤色系(赤色40号・赤色102号)
アレルギーの誘発、発がん性、甲状腺異常など
・青色系(青色1号・青色2号)
アレルギーの誘発、染色体異常、免疫不全など
・黄色系(黄色4号)
アレルギーの誘発、発がん性、喘息、蕁麻疹など

4.猫によってはアレルギーになることも

合成着色料を摂ることで、すぐに重篤な症状に陥ったり、命の危機にさらされたりということはありませんが、合成着色料がアレルギーの原因物質(アレルゲン)になることは十分に考えられます。
下痢や食欲不振、皮膚病など、アレルギーが疑われる症状が現れた場合、病院で診察を受け、添加物が含まれないキャットフードを与えて様子をみてみましょう。
改善されるようであれば、添加物に対するアレルギーがあると考えられます。
そもそも猫にとってキャットフードの色味は食欲に関係のないことなので、猫の健康を維持するためには普段から着色料が使われていないキャットフードを与えるようにしましょう。

おすすめコラム一覧Related column