キャットフードの原材料(野菜)

1.キャットフードに使われる野菜

キャットフードの原材料には、さつまいもやカボチャ、とうもろこし、ニンジンやキャベツといった野菜類が使われていることがあります。
本来は肉食である猫ですが、野生で生きていた頃は鳥やネズミをまるごと食べることによって、それらの胃の中に含まれていた植物が持つ栄養素も得ることができていました。
しかし家猫の栄養源はキャットフードのみなので、野菜が持つミネラルやビタミンなどの栄養もキャットフードから摂取する必要があります。
総合栄養食には猫が必要な栄養素はすべて配合されているため、栄養面を心配して野菜入りを選ぶ必要は特にありません。

2.猫に野菜は必要なのか?

低カロリーで食物繊維が豊富に含まれるため、ダイエット目的のキャットフードにも野菜は多く使われています。
また、猫は自分でグルーミングをして毛玉を飲み込んでしまうため、排泄のための食物繊維を適量与える必要があります。
スーパーなどで購入できる猫草を与えて食べてくれると良いのですが、猫によっては猫草に興味を示さず、毛球症などの深刻な状況に陥ってしまうこともあります。
サツマイモやカボチャには、特に豊富な食物繊維が含まれます。
便秘の解消にも役立つため、便秘気味の猫にも野菜入りのキャットフードはおすすめです。
野菜にはビタミンやミネラルなど、雑食の人間にとっては大切な栄養が多く含まれますが、キャットフードで使われる場合は、加熱処理の段階でほとんどの栄養が壊れてしまいます。
野菜まるごとの栄養が摂れないことは勿体ないですが、猫が必要とする栄養は、加工段階でサプリメントによって補われるので、栄養不足を心配する必要はありません。

3.総合栄養食に野菜をトッピングしない

人間は雑食のため、肉も野菜もバランスよく摂ると体に良いというイメージを持っています。
猫は肉食で、肉からとれる栄養以外をそんなに必要としません。
食物繊維を効果的に与えたいからと言って、茹でたカボチャやサツマイモを総合栄養食のキャットフードにトッピングすることはやめましょう。
バランスよく配合された総合栄養食の意味がなくなり、摂取カロリーや栄養バランスが崩れてしまいます。
また、食物繊維も過剰に摂りすぎることで下痢や便秘の悪化を招く結果にもつながるので、便秘や毛玉対策をするのであれば、便秘対策や毛球症対策と記載されたのキャットフードを選ぶと良いでしょう。

おすすめコラム一覧Related column