キャットフードの原材料(鶏肉)

1.キャットフードで使われる鶏肉とは

鶏肉は、流通も多く安価で手に入りやすいため、キャットフードの原材料として使わることが比較的多い原材料です。
本来野生の猫は鳥を捕獲して食べていたこともあり食べ慣れているため、チキン味を好む猫は多いといわれています。
消化にも良く、胃腸に負担をかけないため幅広い世代の猫に安心して与えることができます。
パッケージを確認すると、鶏肉もしくは胸肉やささみ・もも肉などの正肉と呼ばれる原材料のほか、チキンエキスやチキンパウダーなどの加工した鶏由来の原料を使っている場合もあります。
ほかにも、ターキーが使われたキャットフードがあります。
ターキーは七面鳥のことで、あまり日本人に馴染みはないかも知れませんが、クリスマスに食卓に並ぶことがあります。
脂肪分が少ないため、ダイエットのサポートになり、ミネラルなどの栄養価がチキンよりも豊富です。
さらには、独特の匂いがするため、猫の食いつきを良くします。

2.鶏肉に含まれる栄養

鶏肉には質の良いタンパク質が豊富に含まれ、特に胸肉やササミは高タンパクな部位として知られています。
牛肉や豚肉などの他の肉と比較すると、鶏肉は脂質やカロリーが少ないため、ダイエットにもおすすめの原材料です。
マグネシウムやリンが豊富なので、腎臓に疾患がある猫は、鶏肉がメインに使われているキャットフードの摂りすぎには注意が必要です。
療養食と記載されたキャットフードであれば、栄養成分が調整されていますが、気になる場合は病院で獣医師に相談するようにしましょう。
そのほかに、抗酸化作用や免疫機能の向上など、猫が健康を維持するために必要な、セレンやタウリン、ビタミンA・ビタミンB群・鉄・亜鉛などが含まれています。

3.チキンミールについて

鶏肉を加工する際にとれる副産物などを粉砕・乾燥させ、混ぜて作られています。
くず肉や骨、内臓などをまるごと使用しているため、ミネラルやカルシウムが豊富に摂れます。
どのような状態の肉から作られているのかわからない点から、チキンミールを使用しているフードに対する不安の声が存在します。
ペット先進国であるヨーロッパ産などのプレミアムフードなどは、日本よりも品質管理に厳しく、基準がしっかりしているので粗悪な原料を使っている確率は低いと思われますが、粗悪な原材料が使われてないかを確認することは困難です。
メーカーによる公開情報や価格、総合的な品質などを参考に、判断をすることが必要です。

4.気をつけること

鶏肉も、アレルギーの原因になる可能性が十分にあります。
そんなときは、ターキーであればアレルギー症状が出ないことも考えられるので、試してみましょう。
また、鶏肉をメインに使っているキャットフードには、コストの調整などが理由で穀類を多く使っている商品も多くあります。
パッケージの原材料には配合比率の高いものから記載されています。
良質な鶏肉を使用していても、原材料欄の先頭に穀類が書かれていたら、鶏肉の量はあまり多くない可能性があります。
主要な原材料にこだわることも大切ですが、しっかりと内容を確認し、猫が元気でいられるキャットフードを選びましょう。

おすすめコラム一覧Related column