キャットフードの原材料(加水分解動物性タンパク、加水分解甲殻類など)

1.加水分解とは?

加水分解とは、水の作用によりおこる分解反応のことで、水解ともよばれます。
キャットフードには、加水分解により作られた成分が含まれた商品がありますが、猫にとってどんな影響をもたらすのでしょうか。

1-1.加水分解動物性タンパク

肉や魚などの動物性たんぱく質を加水分解して作られたアミノ酸を、加水分解動物性タンパクとよびます。
強い旨味がだせることから、化学調味料として人間の食品や調味料にも多く使われています。

1-2.加水分解甲殻類

エビやカニなどの甲殻類の殻には、キチンという成分がありますが、このキチンを分解することにより、グルコサミンやコンドロイチンという成分が摂れます。
そのままの甲殻類からグルコサミンの成分を摂ることは困難ですが、加水分解されたグルコサミンはスムーズに吸収されます。
グルコサミンに期待される働きは、関節を助け、炎症を抑えることとされています。
コンドロイチンは、関節にクッションの働きのある軟骨の生成を促すこととされているため、肥満気味の猫や、シニア猫用のキャットフードとして与えてもよいでしょう。

2.加水分解のメリットと懸念されること

加水分解することで、消化吸収がスムーズになります。
その結果消化器官に負担をかけることも減るので、必要な栄養を無理なく体に取り入れることができます。
加水分解された成分を、栄養補給のためのサプリメントや、食いつきをよくするためのふりかけなどで手軽に猫に与えることができる商品もあります。
加水分解動物性たんぱく質は、動物性のタンパク質からつくられるため、実際にどんな動物のタンパク質から作られたのかが正確にはわかりません。
原材料を明示しているメーカーもまだ少ないようです。
その加水分解の過程においても、塩酸を使うことで効率的にアミノ酸を作り出し、アルカリで中和している場合がありますが、完全に中和できなかった場合タンパク質のグリセリンと塩酸が反応し、クロロプロパノールという発がん性の可能性がある物質が少なからず作られます。
その危険性を危惧し、酵素分解法という酵素をつかって分解する方法も徐々に広まりつつあるようです。
酵素分解法では、アミノ酸が複数個結合したペプチドという物質を作り出すことができ、消化吸収に優れ、味や匂いも強く出せるため食いつきをあげることも期待できます。

おすすめコラム一覧Related column