キャットフードの原材料(とうもろこし・コーングルテン・ホミニーフィード)

1.猫ととうもろこし

腸が短い猫にとって、穀類の消化は苦手です。
でも実際に販売されているキャットフードは、小麦やとうもろこしを含む商品が中心だということも事実です。
猫は、とうもろこしのセルロースとよばれる細胞壁になる成分を分解できません。
そのため消化不良を起こしやすいです。
しかし、とうもろこしに含まれる食物繊維のセルロースは、水分を吸収して膨らむことで腸の働きを活性化させ、便秘解消に効果を表すこともあります。
また、膨張することで満腹感を感じるためカロリー制限ができて、ダイエットにも効果的です。

とうもろこしにはメチオニンと呼ばれる含硫アミノ酸が含まれます。
体内で硫酸を生み、尿を酸性に変えて排泄されます。
このことから、猫がかかりやすい尿路結石の予防にも働きかけるとされています。
あくまで、少量の摂取で十分効果がありますので、与え過ぎは良くありません。
手作りキャットフードなどでとうもろこしを使うる場合は、しっかり茹でて、すり潰し、ペースト状にすることで、胃腸への負担が減るといわれています。

2.とうもろこし由来の原材料について

2-1.とうもろこし

とうもろこしは、穀類です。
炭水化物を中心に、タンパク質や脂質、ミネラルも含まれます。
配合される量はメーカーによって様々ですが、価格が安価で栄養も豊富ということもあり、ほとんどのキャットフードに使用されています。

2-2.コーングルテン

とうもろこしから、コーンスターチやコーンシロップなどを作る時にでる副産物で、コーングルテンミールやコーングルテンフィードとよばれることもあります。
多くの成分がタンパク質で、グルタミンやロイシンといったアミノ酸やビタミン、無機塩類などを含みます。
コーングルテンミールは、デンプンや胚芽の大部分を取り除いた部分で、8割ほどがタンパク質です。
コーングルテンフィードは、コーンの外皮からとれる繊維質から作られ、コーングルテンミールと比べて食物繊維が豊富です。

2-3.ホミニーフィード

とうもろこしを挽いて、コーングリッツやコーンフラワーを作るときに出る副産物です。
とうもろこしの皮や胚芽、でんぷんなどが含まれます。

3.とうもろこしとアレルギーの可能性

猫の中には、穀類にアレルギーを持つ猫がいます。
とうもろこしのもつタンパク質がアレルゲンとなっているので、とうもろこしやコーングルテン、ホミニーフィードが原材料に使われているキャットフードでアレルギー症状がみられた場合は、とうもろこしを使っていないグレインフリーのキャットフードに変えて、様子を見ましょう。

おすすめコラム一覧Related column