キャットフードに入っていても大丈夫な添加物とは?

1.添加物はすべてが危険ではありません

パッケージの原材料に保存料や着色料などの添加物が入っていると、猫の健康のために良くないとう印象を受ける人も多いかもしれません。
ですが、ビタミンやミネラルなど、栄養を補うために加えられたサプリメントも添加物です。
プレミアムキャットフードなど、品質の高いキャットフードであれば、ビタミンやミネラルも、野菜などの原材料のみで補える商品もありますが、原材料の肉や魚からでは補えない栄養をバランス良く配合するための添加物は、猫の健康のためには必要です。
製品を長持ちさせたり美味しそうに見せたりする保存料や着色料、香料が危険視されることもありますが、保存料が使用されていないフードは時間と共に酸化や腐敗が起こり、雑菌も増殖します。
劣化したフードを猫が食べてしまうと、下痢やおう吐など消化器官の不調を招くことにもなります。
酸化防止剤については、天然由来の成分など、安全性の高い成分であれば、問題ないとされています。
ただ、着色料や香料は使われていないキャットフードを選んだ方が安心です。

2.キャットフードに入っていても良い添加物とは

以下の添加物は、比較的品質のよいキャットフードやプレミアムフードにも使用される添加物です。
酸化防止剤として使用されますが、それぞれの持つ栄養素も、猫の体に良い働きをもたらすことが期待できます。

・トコフェロール・ミックストコフェロール
ビタミンEの事です。
強い抗酸化作用を持ち、血液をサラサラにする作用もあります。
老化による病気の予防にも期待できます。
キャットフードでは酸化防止剤としても添加されます。
・アスコルビン酸
ビタミンCの事です。
強い抗酸化作用があり、関節炎の予防に働きかけます。
猫はビタミンCを体内で合成できるので、栄養素として与える必要はありませんが、酸化防止剤としての役割があります。
・クエン酸
柑橘系などから抽出されるクエン酸は、酸化防止剤の効果を高めるために使用されることがあります。
アスコルビン酸を使用するとキャットフードに含まれる金属イオンと化学反応を起こしてフードが変質しますが、クエン酸がこの化学反応を防ぎます。
・ローズマリー抽出物
ハーブのローズマリーから抽出される、天然由来の酸化防止剤です。
熱や光にも強く、安全性の高い酸化防止剤として使用されます。

3.添加不使用キャットフードで気をつけること

添加物不使用のプレミアムキャットフードでは、一般的なキャットフードと比較すると賞味期限が短く設定されています。
安全にキャットフードを与えるためには、食べ残しは早めに処分し、ドライフードの場合、開封後に密閉容器に移し替えるなど、変質を防ぐために与える側が普段から注意する必要があります。

おすすめコラム一覧Related column