キャットフードに含まれている糖質の量

1.猫にとっての糖質とは

炭水化物を構成する成分は、糖質と食物繊維に分けられます。
さらに糖質は、ブドウ糖や果糖などの単糖類・ショ糖や乳糖などの二糖類・アミロペクチン(デンプン)やグリコーゲンなどの多糖類に分けられます。
人間の場合、唾液に含まれるアミラーゼという酵素が糖質の消化を助けますが、猫の唾液にはアミラーゼがありません。
他にも、糖の代謝に関する酵素をほとんど持っていないため、猫は炭水化物の分解が苦手と一般的に言われています。

2.糖質の摂取基準は?

タンパク質と脂質を主なエネルギー源とする猫にとって、糖質は猫にとってあまり必要ではないため、意識して与える必要はないとされています。
キャットフードに含まれる成分の基準となるAAFCOでは炭水化物の基準は定められていません。
そのため、メーカーによって炭水化物や糖質の記載がないキャットフードは多くあります。

3.摂りすぎるとどうなる?

猫は、ブドウ糖をそのまま吸収することはできますが、デンプンは加熱によりブドウ糖に変えなければ吸収することができません。
エネルギーとして利用されることがすくないと、代謝されずに中性脂肪や皮下脂肪として体内に蓄積し、肥満を招く原因になる可能性があります。
炭水化物に含まれる食物繊維は、適度に摂取することで便秘予防に働きますが、とりすぎると消化不良や体調不良をまねく場合もあるようです。
食物繊維の摂取は野菜からでも可能です。
また、糖質を摂取すると血糖値が上昇しますが、そのことで膵臓などに負担がかかり、ゆくゆくは糖尿病や尿石症のリスクを高めるということにつながります。

4.糖質の割り出し方

糖質は、キャットフードに記載されていませんが、そのほかに含まれている成分がわかれば以下の計算式によっておおよその含有量を割り出すことができます。

糖質(%)=100-水分(%)-タンパク質(%)-脂質(%)-灰分(%)-食物繊維(%)

5.糖質を控えるメリット

糖質を余分に摂りすぎると脂肪として体に蓄積されるため、心臓に疾患がある猫や、肥満気味の猫の食事では、糖質を控えることで心臓の負担を軽減し、ダイエットにも効果にもつながります。
パッケージの成分表を確認し、穀類などの炭水化物が主要な原料として使われていないキャットフードを選び、エネルギーとして効率よく代謝されやすい肉や魚などのタンパク質や脂質が補えるキャットフードを選んでみましょう。

おすすめコラム一覧Related column