キャットフードで糞の臭いは変わる?

1.臭いが強くなる原因は

猫は基本的に肉食です。
動物性のタンパク質を中心とする食事内容が影響しており、摂取したタンパク質がアミノ酸に分解される過程で、インドールやスカトールと呼ばれる強い臭い成分を発生することで、猫の糞の臭いがきつくなります。
また、タンパク質と同様に脂質も、消化・分解される段階で臭い成分が生まれます。
糞の臭いをなくすことはできませんが、食べるものを工夫することで臭いを減らすことは可能です。
また、いつもより臭いがきついようであれば、体調の変化に気づくことができます。

2.臭いを抑えるには?

物理的な対策として、糞をしたらすぐに片づけて臭いが部屋にこもることを回避しましょう。
基本的に猫は、排泄後は自分で砂をかけて埋めますが、猫によってはそのまま放置することもあります。
こまめな掃除を心がけることで、飼い主や猫が受ける臭いによるストレスを軽減します。
糞の臭いは猫の免疫力や健康状態によっても変化するため、腸内環境を整えるなどで糞の臭いを和らげる食事に変えましょう。
穀類の消化が苦手な猫に、穀類メインのフードを与えると、消化不良を起こすことがあります。
すると体内に悪玉菌やアンモニアなどが発生し、臭いがきつくなります。
他にも、タンパク質を消化吸収できないほどの量を食べすぎると、体内でタンパク質が腐敗して強い臭いを発生させることがあります。

3.どんなキャットフードが良いのか

腸内環境を整え、善玉菌を増やすことで悪臭の発生を抑制します。
腸内のpH値が弱酸性を保っていれば、善玉菌が増えやすくなる理想的な環境といえます。
ビフィズス菌やオリゴ糖、乳酸菌などの猫用サプリメントや、低脂肪で無糖のヨーグルトを小さじ1~2杯程度与えてみましょう。
猫が消化不良を起こしやすい乳糖(ラクトース)は、無糖のヨーグルトには含まれないので、与えても問題ありません。

キャットフードには、シャンピニオン(キノコ類)やカテキンといった消臭効果がある成分を含む商品もあるので利用してみても良いでしょう。
腸内環境を整えるために、食物繊維が摂れるキャットフードを取り入れることも有効ですが、与えすぎることで消化不良を起こし、逆効果になってしまうこともあるので注意が必要です。

4.気をつけること

腸内環境を整える食事やサプリメントですが、猫によっては逆効果となり、下痢や食欲不振などを招く可能性がないとは言えません。
体調に異変が現れたら、すぐに元の食事に戻しましょう。
キャットフードの中には、消臭成分配合の商品もありますが、中には化学物質により臭いを抑えるフードもあります。
消化不良や健康被害を招く可能性もあるので、天然由来の成分が使われたフードを選ぶようにしましょう。

おすすめコラム一覧Related column