キャットフードになぜ穀物が含まれているのか

1.キャットフードに使われる穀類

キャットフードには、小麦・大麦・玄米・米・とうもろこしなどの穀類が使われています。
特に安価なキャットフードに、小麦やトウモロコシを使っていることが多いです。
ウェットフードでは、肉や魚などが原料として使われているタイプがほとんどですが、とろみは穀物由来の成分の場合もあります。
配合量や穀類の種類はメーカーによって様々です。

2.穀類が使われる理由

穀類に含まれる植物性タンパク質も、エネルギー源として代謝されます。
ミネラルやビタミン、食物繊維が含まれ、健康維持や便秘の解消にも働きかけます。
穀類が使われたキャットフードでは、しばしばアレルギーが心配されますが、タンパク質に免疫システムが反応することで起こるため、穀類や肉類、魚類のいずれでもアレルゲンになる可能性はあります。
穀類が多く使われる理由としての一番の理由は、流通している量も多く安価で取引されるため、キャットフードのコストダウンが目的であることが大きいです。
ホームセンターやディスカウントショップで販売されている低価格のキャットフードのパッケージを見ると、原材料の1番目に穀類が記載されている商品も存在します。
グレインフリーの商品や穀類を抑えたプレミアムフードは、猫の健康に良いという評判ですが、高価な商品も多くあります。

3.猫に穀類は不要?

グレインフリー(穀類不使用)のキャットフードはプレミアムフードには多くみられます。
野生の猫は、ネズミや鳥、昆虫などを捕まえて食べていました。
ネズミや鳥が餌にする植物などの栄養もまるごと猫は摂れていました。
猫には活動に必要なエネルギーは動物性のタンパク質がメインで、穀類はほとんど必要ないという話も多くあります。
猫の腸は短く、肉類の消化を得意とします。
そのため穀類が多めのキャットフードを食べることで消化不良を起こす可能性があり、エネルギーの吸収率があまり良くないことも心配されます。
さらに穀類に含まれる糖質を大量に摂ることで血糖値が上昇し、血糖値を下げるためにすい臓に負担がかかります。
糖尿病のリスクも高まり、尿結石もできやすくなります。
また、高タンパク質と脂質を食べることで猫は満腹になりますが、穀類が多いキャットフードでは、満足感があまり得られず、食べ過ぎによる肥満を招く可能性もあります。
穀類は猫に与えてはいけない原料ではありませんが、あまり穀類の割合が多すぎるキャットフードを与え続けることは避けたほうが良いかもしれません。

おすすめコラム一覧Related column