ウェットキャットフードの選び方

1.ウェットキャットフードとは

ウェットフードは、水分を75%程度含んだキャットフードです。
缶詰タイプの製品が多く、アルミパウチに入った商品もあります。
水分が多く匂いが強いため、食欲の増進や水分補給に利用できますが、ウェットフードの多くは一般食で、総合栄養食ではありません。
また、ほかにも栄養補完食やおやつとして発売されている商品もあります。
単品では必要な栄養素を全て補うことができません。
ドライフードを主食に、ウェットフードはおかずやおやつのような役割で与えると良いでしょう。

2.どんな種類がある?

ツナ缶のようなフレークタイプが主流ですが、栄養補完食やおやつタイプのウェットフードでは、ペースト状のパテ、スープに具材が入ったタイプなどがあります。
原材料や味付けにこだわった商品が多く、飽きっぽい猫のご飯にも活用できます。

3.よりよい品質の商品を選ぶ

ウェットフードには、添加物不使用やグレインフリーなどの高い品質を謳ったプレミアムフードや、人間が食べる食材と同等の原材料を使用したヒューマングレードのキャットフードなど、安全性や猫の健康に配慮したキャットフードが多くあります。
コストはそれなりにかかりますが、体に良い食事を与えることで、健康に長生きすることにつながるため、猫の食事にこだわる人から人気です。

4.目的によって選ぶ

総合栄養食のドライキャットフードを与えていても、食欲がなかったり飽きたりすると食べ残してしまい、栄養の不足や偏りが心配です。
そんな時にウェットフードがあれば栄養補給や、ドライフードにトッピングすることで食欲を増進する効果が期待できます。
他にも、しつけのご褒美やコミュニケーションのアイテムとして活用することもおすすめです。
色々な味や硬さを試すことで猫の好みを知るきっかけにもなります。

5.選ぶときに気を付けること

キャットフードを選ぶときは、パッケージの表記を必ず確認しましょう。
缶タイプの賞味期限は2~3年程ありますが、インターネットで購入する場合などは賞味期限が明記されていない場合もあります。
まとめ買いでお得であっても、期限内に食べきれなければ意味がありません。
原材料も、何がメインで使用されているかを確認しましょう。
ウェットタイプのキャットフードは肉や魚を使ったフードが多く、高いタンパク質や適度な脂肪分が含まれますが、商品によっては色を美味しそうに見せるための添加物が使われていることも考えられます。
着色料や発色剤が使われている場合、健康への影響も心配なので、注意しましょう。

おすすめコラム一覧Related column