ウェットキャットフードの種類(栄養補完食)

1.栄養補完食とは

栄養補完食は、猫の健康状態や病状などに合わせ、必要な栄養素やカロリーを効率的に補うことが目的のキャットフードです。
ウェットタイプの栄養補完食は、缶詰タイプやパウチタイプ、スープ状のフードなど、味や形状にこだわった様々なフードがあります。
栄養補完食と表記される以外にも、カロリー補給食、動物用栄養補助食、動物用サプリメントとしても表示され、メーカーによっては副食として販売されているフードもあるため、線引きが曖昧になっている部分もあります。
特定の栄養素やカロリーを補うことが目的のため、栄養補完食だけ与えていると、栄養が偏ってしまい、健康を維持することができません。

2.効果的な与え方

あくまで主食は総合栄養食をメインで与え、栄養補完食は栄養補助のために与える必要があります。
例えば、ドライフードの総合栄養食では匂いが少なく食いつきが悪い、歯が弱くて食べることができない、病気により食欲がないなどの理由から、食事量が減っている猫には、食欲を刺激するために、ドライフードにウェットタイプの栄養補完食を混ぜて与えると、食べてくれる可能性もあります。
また、水分をあまり摂らない猫に十分な水分を与える目的にも役立ちます。
食欲増進を目的とする場合、一般食のウェットフードでも十分ですが、一般食と異なる点は、一部の栄養素に特化していることがポイントになります。

3.目的に合ったフードを選びましょう

猫の健康状態によって、総合栄養食よりも多くとる必要がある栄養素が違います。
病気の予防、病気の治療を目的に栄養補完食を利用する場合は、獣医師に相談し、適切なフードを選ぶようにしましょう。
通常時よりも控えるべき栄養素を過剰に摂取してしまうことで、さらなる健康被害や病気を招いてしまう恐れがあります。
他にも、猫のライフステージによって、多く摂った方がいい栄養素があります。
成長期の猫であれば、高カロリーで高タンパク質、カルシウムやミネラルを多く摂る必要があるので、必要な成分に特化した栄養補完食を与えると成長促進となるためおすすめです。

4.栄養価をチェックして購入しましょう

世界各国で様々なキャットフードが作られ、現在ではインターネットを利用すると、簡単に手に入れることができます。
上質で特別なキャットフードは、ご褒美などであげてもよいでしょう。
ただし、猫が喜ぶからといって、与え過ぎてしまうと、カロリーオーバーからの肥満になったりや栄養が偏ったりしてしまうので、特に栄養補完食については、パッケージの成分表示を確認しましょう。
特定の栄養素を多く与える場合は、注意が必要です。

おすすめコラム一覧Related column